愚か者よ~広島原爆記念日~

画像


8月6日は広島原爆記念日である。
1945年8月6日8時15分、人類史上初めての核兵器が広島に投下された日だ。
僕の母方の田舎は広島なので、小さい頃から原爆の話は聞かされてきた。
もっとも、田舎自体は広島とはいっても福山市で、どちらかというと岡山に近い。
しかし、仕事で広島に行きそこで原爆に遭った親戚はいたらしい。


画像


今朝、原爆記念日の慰霊祭をテレビで見た。
原爆の投下から67年もの月日が経つ。
原爆に遭った人も歳を取り、その記憶は年々薄れていくのだろう。
それはある意味仕方がないことだ。
だが、昨年2011年3月11日の東日本大震災に続いて起こった原子力発電所の事故。
未だに東北には大きな被害が続いている。
ちなみに父方の田舎は福島県いわき市で、こちらも他人事ではない。
核の驚異は過去のことではないと思い知らされた。


そんな中、一時稼働を停止していた原発が、大飯を皮切りに再稼働を始めた。
毎週末、国会議事堂の前にはデモが繰り広げられているのはニュースでもしばしば目にする…。


喜劇王チャールズ・チャップリンは晩年の映画「ニューヨークの王様」で、
原子力を兵器ではなく平和利用しようとして国を追われる某国国王を演じていた。
もし彼が、1986年のチェルノブイリや今回の福島の事故を知っていたら、
きっと原子力そのものに警鐘を鳴らす作品を発表していただろう。

実を言うと、僕も永らく原発賛成派だった。
そんなに原発が安全なら東京に作るべきだと考えていたこともある。
しかし、あの深刻な放射能汚染を鑑みると、そんなことはとても言っていられない。
原発は将来的には無くす方向に向かわなければならないのではないか…。
もちろん、だからといってすぐにすべての原発を廃止するのも非現実だと思う。
代替エネルギーが原発に取って変わるにはまだ年月が必要そうである。
最近、原発の耐用年数が約40年であるということが発表された。
確かに、パソコンだろうと車だろうと、いつまでも使い続けるわけにはいかないのが当たり前。
段階的に縮小していくのが、現実的なのではないか…。


広島・長崎の悲劇から半世紀以上。
何度も同じ過ちを繰り返す人類は、ホント愚かな存在だ。
原爆記念日にふとこんなことを考えてしまった…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきこ
2012年08月06日 22:52
最近、日本の未来に希望が持てなくて、特に40代の人たちで、海外移住をしようとしている人がいるという話を結構聞きます。
一番の理由は、「原発」が怖いから。
私の知り合いもタイに移住したし(まあ、仕事でしょっちゅう日本に来てるみたい)とか、友達の知りあいがタイで家を購入、母親の知り合いがアメリカ(子どもをアメリカで産んで国籍取得)へ移住しているよ。
2012年08月07日 07:25
そんなこと言ってもアメリカなんて世界最大の原発保有国だよ。
ヨーロッパだって行ったところで隣国にあるんだから、
それこそ原発避けたかったらオーストラリアかアフリカ北部に住まなきゃ無理じゃない。
あきこ
2012年08月07日 08:42
そうなんだよね、私も、アメリカなんて、原発国だし、日本人が国籍取ってもメリットない!と思ってるんだけど、暮らしてみて、差別もあるし、国民健康保険もないし。まあ、留学では楽しかったけどね。
gigiegugu
2012年08月10日 13:06
暮らしやすい国にしていこう、そんな気持ちの人たちと同じ国に住みたい。今いる所をより良い所に。