優しい歌~ネパール人グルアマ来日~

ネパール時代にお世話になったグルアマ(女師匠)夫妻が来日した。

画像


青年海外協力隊(JOCV)の隊員はネパールに着くと最初の1ヶ月は首都カトマンズで語学訓練を受ける。
そうして、まあ何とか少しは喋れるようになると各地に配属される。
来日したのはその現地訓練の語学教師である。


通常のJOCVの場合は訓練が終わるとグルアマともなかなか会う機会がないのだが、
僕の場合、下宿先から職場の途中にグルアマの家があったので、
しょっちゅう会う機会があった。
ティハールなどのお祭りの際などにもお邪魔させてもらったし、
ダルバート・タルカリをご馳走になることもあり、
他の同期よりもよくしてもらった気がする。


グルアマの作るダルバート・タルカリは絶品である。
グルアマはバフン(バラモン)族なので、肉も玉ねぎもニンニクも使わないのに、
どうしてこんなに美味しくなるのか。
母がネパールを訪問した時にも連れていったが、
その母も誉めていた。

画像


グルアマ夫妻は今回、JOCVのOBの招待で来日した。
関空から日本入りし、約20日間の日本滞在の予定。
先日東京であった歓迎会に参加し、グルアマに再会することができた。
歓迎会には10年以上前からつい先日帰国したばかりのJOCV、シニアボランティア(SV)、国際協力機構(JICA)職員らが駆けつけた。
さらには、グルアマと一言でも話がしたいOBが電話をかけたりもしてきた。
グルアマの人徳である。

画像


最後にグルアマは、
「ネパールに友達がいないなんて言わないで下さい。
私たちがいます。」とおっしゃっていた。
僕もネパールに行くたびに必ず先生を訪ねるようにしている。
この関係はこれからもずっと大切にしていきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント