Heart of Rainbow~東京六大学野球・早法戦~

東京六大学野球。首位の法政はここまでなんと無傷の7連勝。
昨日の試合でも早稲田を9―2で破っている。
このまま優勝してしまうのか?

画像


そんな今日、神宮球場へ出かけてきた。
直前の慶応―明治戦は、明治が4―0で慶応に雪辱。1―1のタイとした。
これで、今日の法政の優勝はなくなった。

画像


早稲田の先発投手は久々の登板となる完全試合男・高梨(3年・川越東/写真上)で、6番ピッチャーでの出場。
球場に着くと、試合は1回裏、法政の攻撃中。
1死1、2塁のピンチの場面だった。
高梨は、法政の4番西浦直亨(4年・天理)にレフトスタンドへのスリーランホームランを打たれる。
(写真下は、ちょうどホームランを打たれた投球。)

画像


さらに2四球と安打で満塁とされたところで、
丸山(4年・武蔵野北)がマウンドへ。
高梨、まさかの1イニング持たずに降板となる。

画像


画像


丸山、初球をパスボールであっさり1点追加される。
さらに2死後またしてもパスボール。
大城戸(4年・寒川)にはタイムリーを打たれさらに2点追加。
なんと丸山も1回持たずに3人目の横山(4年・聖光学院)がマウンドへ。

画像


だが横山も皆川(2年・西武台千葉)にレフト前へ打たれる。
白澤(4年・神村学園)飛び付くも、届かず、ランナー2人が返る。

早稲田は1回に投手3人をつぎ込み、8失点というあり得ない展開。
試合が始まったばかりなのに帰りたくなってきた…。
今日は東大応援団の気持ちがよくわかる。

画像


法政の先発は船本(4年・桐蔭学園/写真上)。
早稲田は4回、茂木(2年・桐蔭学園)が安打で出塁すると、捕逸の隙に3塁へ。
中村(3年・天理)のレフトフライでまず1点を返す。

画像


さらに5回裏、2死1、2塁から白澤がタイムリー。
早2―8法


横山の代打に深澤(3年・早実)が出て、

画像


4回から早稲田の投手は吉野和也(1年・日本文理)。
大型ルーキー、昨日に続く連投だったが、3イニングを無失点に抑える。

画像


しかし7回、2四球に若林(2年・桐蔭学園)のタイムリーで1点を失う。

画像


早稲田は、6回から登板の納富(4年・九州国際大付/写真上)には無安打に抑えられていたが、
8回に代打・武藤(3年・金沢泉丘)がソロアーチを放つ。
早3―9法

画像


8回には早稲田5人目の投手で内田(2年・早実)。
無失点に抑えた。

画像


9回表、法政の投手は本多(4年・法政二)。
早稲田は2死から大野大樹(4年・早実)が安打を放つも、代打・石井(1年・作新学院)がサードフライに倒れた。

画像


早稲田、投打が噛み合わず、立教戦に続いての2連敗。
今季の優勝奪還どころか、4季ぶりの5位に終わる可能性すら出てきた。
(すでに東大が6位確定)
残る伝統の早慶戦で、なんとか意地を見せて欲しい。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント