寂しい熱帯魚たち~映画の中の女形~

僕はこのブログの他にHPも持っているのだが、
なかなか更新できずにいる。
久しぶりに映画史エッセイ「映画史探訪」を更新した。

画像


寂しい熱帯魚たち~映画の中の女形~
初期の日本映画には女優は存在せず、歌舞伎と同様に女性役も男性が演じていた。
(写真上は「カチューシャ」(1915年日活)、
写真下は「袈裟と盛遠」(1917年天活))

画像


やがて、女形は女優に取って代わられるのだが、
女形の伝統自体は現在に至るまで続いている。

画像


映画草創期の女形から、
坂東玉三郎や美輪明宏(写真上)、ピーター(池畑慎之介)、ディヴァイン(写真下)といった現代の女形にも目を向けてみた。
これは、現在のおネェ系のブームにもつながってきているのではないか。

画像


「映画史探訪」ではこれでサイレント時代を終わる。
これからはトーキー(発声映画)について見ていきたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント