精悍若き~東京六大学野球・早法戦~

高校野球・秋季都大会もすでに先週から始まっている。
母校・早稲田実業学校の初戦の相手は都立小山台となった。
今日、江戸川球場にて早実の初戦が行われたが、
残念ながら早実は5-9で破れる。
残念なことに僕は午前中用事があって、応援に行くことはできなかったため、
秋は1試合も観ないうちに終わってしまった(>_<)

画像


そこで、午後から神宮球場に東京六大学野球、早稲田ー法政戦を観に出かけた。
早稲田は先週立教を下し、勝ち点2で優勝戦線に踏みとどまったのに対し、
法政は慶応と立教に破れ優勝争いから大幅に後退している。
(法政優勝のためには法政が早稲田と明治に勝ち、なおかつ慶応が明治と早稲田に負けるというのが条件。)
法政も意地を見せてくるだろう。

画像


先発は法政が船本(4年・桐蔭学園)、

画像


早稲田は有原(3年・広陵)。

画像


5回表、早稲田先頭の河原右京(2年・大阪桐蔭)がヒットで出塁。

画像


2死2塁から重信(3年・早実)のタイムリー2塁打で早稲田が先制した。

画像


画像


しかし法政もその裏、蔵桝(2年・広陵)のライトスタンドへのソロアーチで同点に追いつく。

画像


画像


その後は投手戦に。
有原は法政打線を完璧に抑えるが、早稲田も船本の前にあと1本が出ない。


今日は先週と違って肌寒く、できたら延長はよしてもらいたい。
9回表、早稲田は1死から重信、中澤彰太(1年・静岡)連打で1、2塁。

画像


法政は船本が下がり、納富(4年・九州国際大)がマウンドへ。

画像


2死1、3塁に変わり、中村(3年・天理)死球で満塁。
4番小野田(3年・早実)は空振り三振。

画像


9回裏は有原が3人で抑え、試合は延長戦へ。
照明が点灯し、ナイターとなる。
大学野球でのナイターを観るのは久しぶりだ。

画像


10回表、早稲田は2死満塁というチャンスを迎えるも、中澤がセカンドゴロに倒れる。

画像


この日の延長は12回まで。
12回裏、有原はあっさり3人で終え、結局1-1の引き分けに終わる。

画像


いつもは危なっかしいところのある有原だが、今日は5安打1失点。
しかも6回以降は1人のランナーも許さない好投だったが、残念ながら打線が答えられなかった。

画像


さすがは法政。
簡単には勝たせてくれない。
しかし、明日こそは早稲田が勝つことを期待しよう。


引き分けのためエール交換は両校同時。
両校の校歌が流れる中、球場を後にした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント