私たちの知らない世界~映画にまぎれ込んだ心霊?たち~

久しぶりにHPの「映画史探訪」を更新した。
ようやく夏も終わり、だんだん涼しくなってきているが、夏といえば“怪談話”がつきものである。

画像


夏になるとテレビや雑誌では心霊の特集が取り上げられる。
ネット上にも「本物の霊」が映ったとされる映像が出回っている。
果たしてそれらは本物なのだろうか?

今回、「私たちの知らない世界~映画にまぎれ込んだ心霊?たち~」で、
映画の中に映ってしまった心霊たちを検証してみた。

画像


有名なものとしては、イタリアのダリオ・アルジェント監督による「サスペリア」(1977年/写真上)のタクシーの中に現れた心霊や、
「The EYE【アイ】」(2003年香港/タイ/英/シンガポール)の地下鉄の中に現れた老婆などがあるが、
これらはいずれもヤラセだといわれている。

「リング」シリーズ(写真一番上)を始めとした日本のホラー映画の中にも心霊と思しきものが写りこんでいるのが多いが、
どうも宣伝の可能性が高い。

画像


一般映画でも、「スリーメン&ベビー」(1987年米/写真上)や「ゴッドファーザー」(1972年米)、
「家族ゲーム」(1983年にっかつ撮影所/NCP/ATG)などに心霊が映っているとされるが、
技術的なミスだといったものが大半だ。


中には心霊現象とはまったく無縁そうなアダルト・ビデオの中に心霊が映り込んだものもあるとされるのだが、
これも結局は監督の悪戯に過ぎなかった。

画像


今回、心霊が映ったとされる映像を片っ端から見てみたのだが、
残念ながら確実に本物だといえるものには出会えなかった。
いつか本物に出会えることを信じて今後も、映画の中の心霊現象の調査を続けていきたい。
みなさんもこれこそは本物ではないかという情報をお持ちであれば、ぜひともご教示頂きたい。 


詳しくは「映画史探訪:私たちの知らない世界~映画にまぎれ込んだ心霊?たち~」(http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/SPECIAL/03Obake.htm)を参照のこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント