evil~アイドルライブ~

久しぶりにアイドルのライブにも出かけた。

現在僕が注目しているアイドルが2組いる。
それは、平均体重76キロ、総体重380キロの重量級アイドル“P♡TTYA”と、
全員が病んでいるメンヘラアイドル“病ンドル”である。
その両アイドルが競演するライブイベントがあると聞いたら行かないわけにはいかない。

病ンドル結成1周年を記念しての主催イベントが渋谷DESEOであった。
「【主催だからって病ンドルが全員揃うと思わないで下さい。THEガチGIG】~@病会Re:Birth 2nd.~」というイベント。

画像


そこにP♡TTYAが出演するわけである。
他にも総勢10組のアイドルが出演した。

以下、出演者

1 ルイ&マリイ(仮。
2 病ンドル
3 地下室と少女
4 少女第九楽章―ガールズアンセム―
5 C-Style
6 愛夢GL TOKYO
7 NECRONOMIDOL
8 デスラビッツ
9 ボクらのお遊戯
10 ジュリアナの祟り
11 P♡TTYA
12 病ンドル

今回、病ンドルとP♡TTYA以外では、
「未来から来たサーカス団」がコンセプトの“ボクらのお遊戯”が2度目のアイドルだった。
前回彼女たちを見たとき、その世界観に圧倒されたのだが、
今回そんな彼女たちの影すら薄くなるような変り種アイドルが沢山出ていた。
正直、P♡TTYAがかなり正統派のアイドルと思えるほど。


例えば、
3人組の“C-Style”は長いスカートでいかにも昭和の不良少女といった出で立ち。
それでもって、迫力あるハードロックを聞かせる。
残念だったのは、出番が遅くなってしまい1曲しか歌えなかったこと。

画像


“デスラビッツ”は女の子3人と、仮面に鎧のダースベーダー風の衣装の男性による4人組。
そのダースベーダーが、ドスの効いた声でコーラスやデュエットを聞かせるのがユニーク。

画像


また、“ジュリアナの祟り”は女1人、男4人のグループだが、
男性メンバーが客席にダイブしてそのまま抱えられて一周したり、
客の盛り上げかたが上手かった。
ちなみにグループ名の名付け親はビートたけしだとか。

画像


トリの1つ前がP♡TTYA。
メンバー5人が、カラフルな衣装で、その巨体を見せると、
ただそれだけで顔がほころんでくるから不思議だ。
3曲を披露したが、すっかり幸せな気持ちになった。


画像

病ンドルは主催ということで、2番目とトリと2回登場。
前回はメンバーの1人華麗るぅが欠席だったので、今回初めて5人のフルメンバーでのライブだった。
前回見た時はファンがおとなしいように感じたが、
今回は主催ということか、かなり盛り上がっていた。
他のアイドルのファンも一緒になって盛り上がっているようだ。

2回のステージで計7曲を披露。
前回同様、BiSの「nerve」で盛り上げた。

前回見た時よりも病ンドルのメンバーは生き生きしていた。
もっとも、トークがグダグダになるのは相変わらずではあった。

最後は、観客全員との集合写真。
あとで、Twitterにあげられたのを見たところ、
頭が上半分だけ写っていた(笑)
(最後列一番左が僕)

画像


今回僕は三宅島から銘菓牛乳せんべいを持ってきていた。
P♡TTYAといえば、その食べっぷりが魅力で、一緒に昼食を食べに行くというイベントがあるくらい。
彼女たちにお菓子を渡せばきっと喜んでくれるはず。
終演後の物販の際に、控え室から出てきた彼女たちに牛乳せんべいを渡すと、
喜んで受け取ってくれた。
「P♡TTYAのためにわざわざ三宅島から来たんですか?」と聞かれて、
思わず「はい」と答えてしまった。
実は、三宅島では、P♡TTYAの知名度が(僕の回りだけでは)上がっている。

やはり、アイドルと直接触れ合えるのが、こうしたライブの楽しみだといえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント