門~北鎌倉~

鎌倉2日目は北鎌倉を散策した。


♪源氏山から北鎌倉へ…


北鎌倉周辺には見どころのある寺院がたくさんある。

まずは北鎌倉駅からほど近い円覚寺。

画像


夏目漱石の「門」の舞台ともなった三門がそびえている。

画像


本尊を祀った仏殿。

画像


選仏場は茅葺き屋根の座禅道場。

画像


方丈。

画像


前庭にある百観音霊場。

画像


方丈庭園。

画像


円覚寺唯一の国宝である舎利殿は残念ながら普段は非公開。

画像


佛日庵(開基廟)は、円覚寺を開いた8代執権・北条時宗を祀っている。

画像


画像


時宗は、無学祖元(仏光国師)を開山に招く。
円覚寺開堂の日、無学の説法を聴こうと多くの人が集まったが、
この洞窟「白鹿洞」からは白い鹿も群れをなして説法を聴きに集まったのだという。

画像



円覚寺の一番奥にあるのが黄梅院。

画像


画像



最後に国宝の洪鐘(おおがね)を観ることにした。
しかしそのためには143段もの石段を登らなければならない。

画像


汗だくになってたどり着いた。

画像


洪鐘は正安3(1301)年に9代執権・北条貞時によって寄進されたもの。

近くには弁天堂もある。

画像


ここからの見晴らしはいい。

画像


円覚寺の入口からJR横須賀線を挟んだところにある白鷺池もやはり、円覚寺の一部である。

画像



ここから鎌倉駅に向かって歩きながら、いろいろな寺院に立ち寄りたいと思う。

円覚寺からすぐのところに東慶寺がある。

画像


北条貞時の開基で、開山は時宗室の覚山尼。
もともとは尼寺として創建された。

画像


江戸時代には「駆け込み寺」として知られていた。


♪たどり着いたのは、縁切寺…


画像



南北朝時代には後醍醐天皇の皇女・用堂尼が5世住持となる。
その用堂尼の墓がある。

画像


江戸時代には豊臣秀頼の息女・天秀尼が20世住持になるなど、
格式のある寺院であったようだ。


長くなったので、続きます。

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント