孤狼の血~日本アカデミー賞受賞予想~

画像


いよいよ日本アカデミー賞の発表を迎えた。
アメリカのアカデミー賞の予想は主要6部門中3部門的中と今一つだったので、日本アカデミー賞は当てたいと思うのだが…。

日本アカデミー賞は、アメリカのアカデミー賞と違い予想がしやすい。
大ヒットした作品に受賞が集中するという傾向がある。
また、明らかに日本アカデミー賞好みの人物というのが存在する。
実は昨年も予想自体は立てていたのだが、作品賞と監督賞そして演技部門の6部門中5部門が予想通りの結果だった。


〈優秀作品賞〉
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

普通に考えればキネマ旬報ベスト1、カンヌ映画祭パルムドール受賞、アカデミー外国語映画賞ノミネートの「万引き家族」だろう。
だが、日本アカデミー賞は国際的に評価された作品を敬遠する傾向があり、カンヌ映画祭パルムドールの「うなぎ」は最優秀作品賞を取り損ね、カンヌ男優賞の柳楽優弥(「誰も知らない」)はノミネートすらされなかった。
意外に「北の桜守」が取る可能性もあるかもしれない。
話題の「カメラを止めるな!」は独立系の作品なので、メジャー会社の関係者が審査員に多い日本アカデミー賞では受賞するのが難しいだろう。


〈優秀アニメーション作品賞〉
「ドラゴンボール超/ブロリー」
「ペンギン・ハイウェイ」
「未来のミライ」
「名探偵コナン/ゼロの執行人」
「若おかみは小学生!」

アカデミー長編アニメーション作品賞ノミネートの「未来のミライ」でほぼ決まりか。


〈優秀監督賞〉
上田慎一郎「カメラを止めるな!」
是枝裕和「万引き家族」
白石和彌「孤狼の血」
滝田洋二郎「北の桜守」
本木克英「空飛ぶタイヤ」

是枝裕和が2年連続3度目の受賞と予想。
2010年以降、作品賞と監督賞は同じ作品が受賞しているので、ここで監督賞を取った作品がそのまま最後の作品賞も取ることになるであろう。


〈優秀主演男優賞〉
岡田准一「散り椿」
舘ひろし「終わった人」
濱津隆之「カメラを止めるな!」
役所広司「孤狼の血」
リリー・フランキー「万引き家族」

岡田准一が4年ぶりの受賞と予想。
去年予想を外したのは主演男優賞だけで、その時も岡田准一と予想していた。
対抗は役所広司だが、昨年助演男優賞(「三度目の殺人」)を受賞しているので、今回は無いとした。


〈優秀主演女優賞〉
安藤サクラ「万引き家族」
黒木華「日日是好日」
篠原涼子「人魚の眠る家」
松岡茉優「勝手にふるえてろ」
吉永小百合「北の桜守」

吉永小百合が2005年以来5度目の受賞。
ここも普通に考えればキネマ旬報主演女優賞の安藤サクラが有力だが、同主演男優賞の柄本佑はノミネートすらされていないのである。


〈優秀助演男優賞〉
岸部一徳「北の桜守」
ディーン・フジオカ「空飛ぶタイヤ」
西島秀俊「散り椿」
二宮和也「検察側の罪人」
松坂桃李「孤狼の血」

ここが一番の激戦か。
二宮和也は「母と暮らせば」で最優秀助演男優賞の経験はあるが、今回主演男優賞で同じジャニーズ事務所の岡田准一が有力となっている。
また、女優部門がベテランの受賞となると予想するので、ここはバランスを取って、松坂桃李としたい。


〈優秀助演女優賞〉
樹木希林「日日是好日」
樹木希林「万引き家族」
篠原涼子「北の桜守」
深田恭子「空飛ぶタイヤ」
真木よう子「孤狼の血」
松岡茉優「万引き家族」

追悼の意味もあり樹木希林でほぼ決まり。


〈優秀外国作品賞〉
「グレイテスト・ショーマン」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルボード」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

大ヒットした「ボヘミアン・ラプソディ」が来ると予想。


最終的な予想は次の通り。
〈最優秀作品賞〉
「万引き家族」
〈最優秀アニメーション作品賞〉
「未来のミライ」
〈最優秀監督賞〉
是枝裕和「万引き家族」
〈最優秀主演男優賞〉
岡田准一「散り椿」
〈最優秀主演女優賞〉
吉永小百合「北の桜守」
〈最優秀助演男優賞〉
松坂桃李「孤狼の血」
〈最優秀助演女優賞〉
樹木希林「万引き家族」
〈最優秀外国作品賞〉
「ボヘミアン・ラプソディ」


授賞式は3月1日である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック