筑波山麓合唱団~牛久・筑波~

新年度で慌ただしい日々が続いているが、休日を利用して小旅行に出かけてきた。
行き先は茨城。
近場だが、いろいろと見所が多い。
レンタカーを借りて都内から車で出かけた。

最初の目的地は、牛久。
インターを降りると、早くも牛久大仏の姿が見えてきた。

画像


近寄ってもかなりデカい。
全長120メートル。
世界一巨大な大仏としてギネスブックにも認定されている。

画像


敷地内にある頭部の模型。
これは1000分の1だという。

画像


実物大の螺髪もある。

画像


發遣門を潜って。

画像


都内の桜はピークを終えたが、ここらはまだまだ桜は満開。
足元の芝桜との対比も美しい。

画像


牛久大仏は中に入ることも出来る。

画像


エレベータで85メートルの高さの展望台まで上がれる。
窓からの眺め。

画像


あいにく曇っていて富士山は見えなかったのだが、
東京スカイツリーを見ることができた。

画像



牛久大仏の近くにはあみプレミアムアウトレットがあるので、
ちょっと立ち寄ったりもした。

画像


再び車で、北の筑波を目指す。


女体山の麓のロープウェイつつじヶ丘駅。
ここには何ともB級感に溢れたスポットがある。
その名も“ガマランド”。

画像


筑波山といえばガマの油でも有名であるのだが…。

画像


ガマランドの入口には巨大なガマが待っていた。

画像


こちらの石は“にぎり石”。
山中から出土したという…。

画像


上にはこども広場があるのだが、乗り物はすべて壊れており、
まさにつわものどもが夢の跡。
かつては子供たちでにぎわっていたのかもしれない。

画像


画像


巨大滑り台もすでに朽ち果てている。

画像


こちらの池には実際にガマがいらっしゃった。

画像


ただ、「ガマの滝」は水が枯れていた…。

画像


下を見下ろすと、レストハウスの屋根にもガマが。
日本で初めて空を飛んだガマなのだそうだ。

画像


画像


さらに上にはガマ大明神が鎮座している。

画像


画像


こちらには金と銀のガマもいる。

画像


さらにはガマ洞窟なるアトラクション(?)があるのだが、すでに閉まっていたので、
明日また改めて訪ねようと思う。

画像


宿の窓からは夜景が綺麗に眺めることが出来た。

画像


温泉にも浸かって体を休めてきた。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック