岸辺のアルバム~台風19号~

10月12日に日本列島を襲った台風19号は、大きな傷跡を残していった。
47の河川の66ヶ所で堤防が損壊、67名死亡、15名が行方不明となった。

僕も現在川に近い家に住んでいるため、万が一川が氾濫すれば、浸水は免れない。
家の中の高いところに物を移動させたりと、念のために準備はしておいたが、幸いにして直接の被害を受けることはなかった。
それにしても、いくら科学が発達しようと、人類は自然の前には無力であることを改めて思い知らされた。

P1050863.JPG

今回の台風19号、1958年の狩野川台風と同じぐらいの規模であったという。
狩野川台風の死者・行方不明は1,269名であったというから、被害は今回の比ではない。
今回、被害が少なかったのは、自治体やマスコミが早めに警戒を呼び掛けていて多くの人が台風に備えていたことが一番の理由だろう。

もっともその翌年1959年の伊勢湾台風は、死者4,697名、行方不明401名であったというからもっと恐ろしい。
三宅島の眼鏡岩が片眼鏡になったのは伊勢湾台風が原因であったが、
今回の台風で三宅島に被害が出ていないかが心配である。


そうそう、このところ台風や地震などの災害が起こる度に、安倍政権による自然兵器攻撃だと騒ぎだす人がいる。
案の定、今回も人工台風であったと主張する人がTwitterを中心に出現している。
確かに、台風が計ったかのように19時ちょうどに上陸したのは不思議であった。
大抵は、2014年都知事選前日の大雪や、2018年沖縄県知事選前日の台風など、選挙の投票率を下げようとする陰謀論として語られる。
今回は特に大きな選挙は無かったのでいったい安倍政権の目的は何なのか。

なんでも10月1日に消費税が10%に増税されたことから目を逸らすのが目的だという。
台風を起こすことで、増税への正当性を主張し、なおか台風への備えとして消費を促進させるのだという。
回りくどい気もするがなかなか面白い主張だ。
もし彼らの主張する通り動かぬ“証拠”があるのなら、共産党かれいわ新選組辺りに持ち込むことをお勧めしたい。
妥当安倍政権を掲げる政党であれば、喜んで調査してくれるはずである。


人工台風かどうかはともかくとして、
こうした大型台風がたびたび襲ってくるようでは、これからもたまったものではない。
より一層防災意識を日常から持つことが大切だ。
そういえば僕は、「防災士」の資格を持っていた。
今回何も役立てられなかったので、もう一度勉強し直して、次の機会にはもっと意識的に行動できるようにしたい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック