祭りばやしが聞こえる~深川祭~

今年は3年に1度の富岡八幡宮例大祭(深川祭り)がある。
3年前は、僕も担ぎ手の1人として参加したのだが、今は離れて暮らしている。
せめて見るだけでもと出かけてきた。

FukaFes1.jpg

朝8時過ぎ、門前仲町に到着。
ものすごい人の数だ。
すでに最初の神輿は7時30分に出発していたが、深川祭りでは、55基もの神輿が担がれるので、
まだまだたっぷり神輿が見られる。
この時はちょうど、28番目の枝川の神輿が出発したところだった。

FukaFes2.jpg

富岡八幡宮(深川八幡宮)前へ移動。
各神輿は出発に当たって、ここで神主から御祓いを受ける。

fukafes3.jpg

次々と神輿が出発していく…

fukafes4.jpg

この日は暑く、絶好のお祭り日和。
その辺のお店で生ビールを買い、飲みながら観る。

fukafes5.jpg

深川祭は別名「水掛け祭り」。
なので、あちこちでお神輿に水が掛けられる。
今日は暑いからちょうどよいのかも。

fukafes6.jpg

3年前は担ぎ手だったのでじっくり観察できなかったが、
各神輿には、女性たちが先だって歩く。

fukafes7.jpg

各神輿は交代要員も含めて300~500人もの人が付き添っている。
ということは、この祭り全体で2万人もの人が参加しているということか!?

fukafes8.jpg

深川祭の神輿は、各町会ごとに出されているが、
当然町会によって規模が違う。
新川一や深川二のように、1つの町会で複数の神輿を出す場合もあれば、
いくつかの町会が集まって1つの神輿を出している場合もある。
55番目の神輿は深濱。
「深濱」とは町会ではなく、かつての「深川浦漁業組合」を元に、
以前の深川濱14ヶ町の人たちによって結成された「深濱神輿保存会」によって出されている。
そういう背景があるからか、ひと際大きい神輿が目立つ。

fukafes9.jpg

その深濱の神輿が、9時半頃富岡八幡宮の前を通り過ぎて行った…。
この後各神輿は、
永代通りを木場まで進み、そこから大門通りを通って北上し、
再び西へ向かい、
深川江戸資料館から清澄通り、清洲橋通りを通り、
永代橋を渡って永代通りから富岡八幡宮へ戻ってくる。
全長8キロを約6時間歩くことになる。

3年前はもちろん全工程を歩いたが、
今日は午後に再びここで帰って来るのを待つことにしたい。

せっかくなので富岡八幡宮へお参りをした。

fukafes10.jpg

富岡八幡宮に飾ってある巨大な黄金の神輿。
こちらは毎年担ぐわけではないようだ。

fukafes11.jpg

しばらく深川を離れ、午後13時半頃戻って来ると…。
すでに先頭の神輿は到着した後であった。

8番目の深川二北の神輿が門前仲町の交差点を通過していた。

fukafes12.jpg

一日水を掛けられた後だけに、みんなぐっしょり濡れている。

fukafes13.jpg

お、どこかで見た顔が。
東陽五の先頭を自民党の秋元司代議士が歩いている。

fukafes14.jpg

fukafes15.jpg

神輿ももちろんだが、それ以外でも、町会ごとに工夫が凝らされている。

fukafes16.jpg

fukafes17.jpg

fukafes18.jpg

神輿は再び富岡八幡宮の前へ運ばれて…
神主を含めて最後の水を掛けられる。

fukafes19.jpg

16時過ぎ、深浦の神輿が富岡八幡宮に到着し、
これで2017年の深川祭が終わった。

次は2020年。
オリンピックの年に行われる。

果たしてその頃はどこに住んでいるだろうか?
また担ぐこともあるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント