パラサイト~第92回アカデミー賞授賞式~

第92回アカデミー賞の授賞式をテレビで観た。
今年も生中継は仕事中で観られなかったので夜になってから録画を観ている。

今年も昨年に続いて司会はなし。
女優で歌手のジャネール・モネイによるパフォーマンスで幕を開けた。
ジャネールは歌詞の中にノミネート作品のタイトルをちりばめた楽曲を披露した。
また自身が「黒人でクイア(性的少数者)」を誇りに思うという発言と共に、候補者の中に黒人が少ない、女性監督がいないということを皮肉ったりと、なんとも挑発的なものであった。

続いて司会経験もあるスティーブ・マーティンとクリス・ロックが登場。
軽妙なやり取りの後、最初の助演男優賞のプレゼンターとして昨年の助演女優賞受賞者レジーナ・キングを紹介する。
このように司会の代わりにゲストが登場して次の賞のプレゼンターを紹介するという流れになっている。


注目の助演男優賞を受賞したのは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のブラッド・ピット。
ブラピは共演者のレオナルド・ディカプリオと抱き合ってからステージへ。
過去に「それでも夜は明ける」で作品賞を受賞した経験のあるブラピだが俳優としての受賞は初となる。


アカデミー賞授賞式ならではの豪華なゲストやプレゼンターが次々とステージにあがる。
例えば脚本賞のプレゼンターはダイアン・キートンとキアヌ・リーヴス。
受賞作は「パラサイト/半地下の家族」のポン・ジュノとハン・ジヌォン。
話題の韓国映画がまず1部門受賞。

マヤ・ルドルフとクリスティン・ウィグが美術賞を発表。
続いて衣装デザイン賞も発表するのだが、マヤが「この後病院の予約が入ってるんだけど」と言って笑わせた。

助演女優賞のプレゼンターは昨年の助演男優賞受賞者マハーシャラ・アリ。
ここは激戦と予想していたが、受賞したのは「マリッジ・ストーリー」のローラ・ダーンだった。

視覚効果賞のプレゼンター、ジェームズ・コーデンとレベル・ウィルソンは「キャッツ」のメイクと衣装で登場。

メイクアップ&ヘアスタイリング賞は「スキャンダル」のカズ・ヒロ(辻一弘)が2度目の受賞を果たした。
前回は日本人としての受賞だったが、その後アメリカに帰化している。
流暢な英語でスピーチ。

ペネロペ・クルスが外国語映画賞から名称の変更された国際長編映画賞を発表。
受賞したのは「パラサイト/半地下の家族」。


今回のアカデミー賞授賞式は例年以上に音楽パフォーマンスが充実している印象だ。
一瞬、グラミー賞を見ているかとの錯覚を受ける。

中でも話題となったのが「アナと雪の女王2」。
オラフ役のジョシュ・ギャッドが主題歌賞「Into the Unknown」を紹介する。
オーロラをコーラスに従え、エルサ役のイディーナ・メルゼルが歌い出す。
なんと、松たか子が登場し、日本語でそのあとを続けたのである。
世界各国のエルサ役の声優たちがそれぞれの言語で歌うという演出があったのだ。
松たか子は日本人としては初のアカデミー賞でのパフォーマンスとなった。

2020Oscar1.jpg


エミネムが登場が2002年の主演作「8マイル」の主題歌「Lose Youreself」を披露したが、これはサプライズだったらしい。

21度目のノミネート(受賞2回)となるランディ・ニューマンが「I Can’t Let You Throw Yourself Away」(「トイ・ストーリー4」)をピアノで弾き語り。

主演女優賞ノミネートのシンシア・エリヴォが「Stand Up」(「ハリエット」)を披露。

そんな主題歌賞を制したのはエルトン・ジョンの「I’m Gonna Love Me Again」(「ロケット・マン」)だった。

2019年に亡くなった映画人を追悼するコーナーにスティーブン・スピルバーグが登場し、ビリー・アイリッシュを紹介する。
グラミー賞5部門受賞の18歳の歌姫が兄フィニアス・オコネルのピアノでビートルズの「Yesterday」をしっとりと歌いあげる中、昨年亡くなった映画人たちの映像が映し出された。
映画監督のスタンリー・ドーネンや俳優のルトガー・ハウアー、ピーター・フォンダ、女優で歌手のドリス・デイ…
今年亡くなったモンティパイソンのテリー・ジョーンズや、103歳で亡くなったカーク・ダグラスもいた。
日本の女優京マチ子も登場したが、彼女はアカデミー外国語映画賞を受賞した「羅生門」と「地獄門」に出演しているから海外でも知名度が高いのだろう。

2020Oscar3.jpg


主要部門の受賞だが、昨年脚本賞受賞のスパイク・リーが監督賞を発表。
「パラサイト/半地下の家族」のポン・ジュノの名前を読み上げた。
ポン監督は受賞スピーチで、影響を受けたものとして「もっともパーソナルなものが、もっともクリエイティブなものだ」というマーティン・スコセッシの言葉を紹介。
スコセッシは会場から喝采を浴びる。
また、彼が無名時代から注目していてくれたとして映画オタクのクエンティン・タランティーノにも感謝を述べた。
ライバルへの賛辞を織り交ぜるという感動的なスピーチであった。
これで「パラサイト」は3部門受賞。やや独走状態となってきた。

昨年の主演女優賞受賞のオリヴィア・コールマンが主演男優賞受賞者として「ジョーカー」のホアキン・フェニックスの名を読み上げる。
ホアキンはスピーチの最後を早世した兄リバー・フェニックスが17歳の時に言ったという「愛情と平和の心を持って人を助けよう」という言葉で締めくくった。

昨年主演男優賞受賞のラミ・マレックが主演女優賞がプレゼンターで「ジュディ/虹の彼方に」のレニー・ゼルウィガーにオスカー像を渡す。
演技部門は本命候補が順当に受賞した形だ。


そして、いよいよ作品賞。
プレゼンターはジェーン・フォンダ。
受賞したのは…「パラサイト/半地下の家族」。
史上初めて英語以外の作品が作品賞を受賞するという歴史的な瞬間となった。
韓国映画はこれまで外国語映画賞の候補にもあがったことが無かったのだが、初のノミネートでの快挙。
日本映画はこれまで名誉賞の時代も含め4回外国語映画賞を受賞(「羅生門」「地獄門」「宮本武蔵」「おくりびと」)している。
いつの間にか逆転された上に、差をつけられてしまったような気がする。
今後の日本映画の巻き返しを期待したい。

2020Oscar2.jpg


すべての受賞作は次の通り。

〈作品賞〉
「パラサイト 半地下の家族」
〈監督賞〉
ポン・ジュノ「パラサイト 半地下の家族」
〈主演男優賞〉〈主演男優賞〉
ホアキン・フェニックス「ジョーカー」
〈主演女優賞〉
レネー・ゼルウィガー「ジュディ 虹の彼方に」
〈助演男優賞〉
ブラッド・ピット「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
〈助演女優賞〉
ローラ・ダーン「マリッジ・ストーリー」
〈脚本賞〉
ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン「パラサイト 半地下の家族」
〈脚色賞〉
タイカ・ワイティティ「ジョジョ・ラビット」〈撮影賞〉
〈撮影賞〉
「1917 命をかけた伝令」
〈美術賞〉
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
〈衣裳デザイン賞〉
「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
〈メイクアップ&ヘアスタイリング賞〉
「スキャンダル」
〈作曲賞〉
「ジョーカー」
〈主題歌賞〉
「(I’m Gonna) Love Me Again」(「ロケットマン」)
〈編集賞〉
「フォードvsフェラーリ」
〈音響編集賞〉
「フォードvsフェラーリ」
〈録音賞〉
「1971 命をかけた伝令」
〈視覚効果賞〉
「1917 命をかけた伝令」
〈長編アニメーション賞〉
「トイ・ストーリー4」
〈国際長編映画賞〉
「パラサイト 半地下の家族」(韓国)
〈長編ドキュメンタリー賞〉
「アメリカン・ファクトリー」
〈短編ドキュメンタリー賞〉
「Learning to Skateboard in a Warzone (If You’re a Girl)」
〈短編実写映画賞〉
「The Neighbors’ Window」
〈短編アニメーション賞〉
「Hair Love」

最多受賞は「パラサイト」の4部門だが、
「1917」が3部門、「フォードvsフェラーリ」「ジョーカー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」がそれぞれ2部門受賞という結果となった。

僕の予想と結果は…
×作品賞:「1917命をかけた伝令」
〇監督賞:ポン・ジュノ「パラサイト/半地下の家族」
〇主演男優賞:ホアキン・フェニックス「ジョーカー」
〇主演女優賞:レネー・ゼルウィガー「ジュディ/虹の彼方に」
〇助演男優賞:ブラッド・ピット「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
×助演女優賞:スカーレット・ヨハンソン「ジョジョ・ラビット」
〇国際長編映画賞:「パラサイト/半地下の家族」
×長編アニメーション映画賞「クロース」

8部門中5部門的中は去年と同じだが、作品賞を2年続けて外してしまったのが悔しいところである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック