これでいいのだ~青梅~

先日コナンスタンプラリーで青梅を訪ねた。
なかなか青梅に来る機会もないので、軽く観光してみた。

P1050374.JPG

待合室からしてなんともレトロな雰囲気。

P1050265.JPG

なんでも青梅は「昭和の街」というキャッチフレーズらしい。

P1050269.JPG

駅の通路には映画のポスターが貼られている。

P1050270.JPG

さらに、赤塚不二夫のキャラクターの絵も。
青梅には「赤塚不二夫会館」があるのだ。

P1050276.JPG

駅前にはバカボンのパパ像がいた。
逆立ちしている。

P1050281.JPG

駅を出ると「にゃにゃまがり」なる路地があった。
なんでも猫があちこちにいるらしい。

P1050287.JPG

いた。

P1050293.JPG

ここにもそこにも猫猫猫。

P1050298.JPG


にゃにゃまがりを出て、青梅街道を歩いた。

森泉人形。
まさか、あのタレントの森泉の?(笑)

P1050303.JPG

青梅麦酒とあった。

P1050311.JPG

さっそく賞味。

P1050309.JPG

通りにはいろいろと映画の看板がある。

P1050355.JPG

P1050350.JPG


中にはパロディとなっているものも。

P1050358.JPG

P1050313.JPG

P1050319.JPG

赤塚不二夫は若い頃、映画の看板を描いていたのだという。
赤塚不二夫会館に到着。

P1050318.JPG

ここにもバカボンのパパが。

P1050320.JPG

玄関のタイルもバカボンのパパ。

P1050322.JPG

会館はほとんどが写真撮影禁止なのが残念なところ。
レレレのおじさんもいる。

P1050327.JPG

おそ松くんの顔出しパネル。

P1050326.JPG

バカボンやひみつのアッコちゃん。

P1050333.JPG

ニャロメではなく、赤塚不二夫の飼い猫の菊千代。

P1050334.JPG

ちなみに赤塚不二夫と青梅は何の関係もないのだそうだ。
他にも昭和レトロ博物館、昭和幻灯館といった博物館もあるのだが、今回は時間が無かったのでオミットした。

帰り道、猫のポスターを見ながら歩いていると…

P1050366.JPG

本物の猫もいた。

P1050371.JPG

それにしても、青梅は実に寂れている。
帰りに寄った河辺駅の方が、よっぽど発展していた。

ところで、ショックなニュースがあった。
この赤塚不二夫会館は、3月末で閉館するのだそうだ。
それに伴い、駅前のバカボンのパパ像も撤去され、発車ベルの「ひみつのアッコちゃん」も変更になるのだという。
最後の最後に行くことが出来て幸いだったが、
青梅が今後ますます寂れていかないか心配である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック