新宿ブルース~新宿散策2 太宗寺~

新宿街歩きの続き。
四谷三丁目から新宿通りを再び新宿に向かって戻った。
その途中、靖国通りの方に向かって町へ入っていくと、新宿区立花園公園があった。

P1020276.JPG

ここには「三遊亭円朝旧居跡」の碑が建つ。

P1020280 (2).JPG

三遊亭円朝は、明治時代の落語中興の祖である。
1888年から95年までこの地に住んでいた。

そのまま西へ向かっていくと、太宗寺という寺院がある。

P1020282 (2).JPG

ここは見所の多い寺院である。
例えば、江戸六地蔵の1つである「銅造地蔵座像」がある。

P1020284 (2).JPG


塩かけ地蔵。
塩に覆われた姿だが、デキモノの治療にご利益があるらしい。
少量の塩を持ち帰り、願いがかなったら塩を倍にして返すとのこと。

P1020287 (2).JPG


本堂の脇にある切支丹灯籠は、江戸時代隠れキリシタンがひそかに礼拝したとされる。
全体の形状が十字架を表しているそうだ。

P1020292 (2).JPG

下部の彫刻は聖母マリアを表したマリア観音であるとも言われる。

P1020293 (2).JPG

太宗寺には内藤新宿の名前の由来となった内藤氏の墓所がある。
内藤氏は信州高遠藩主。
中央の内藤正勝の墓は新宿区指定史跡となっている。

P1020285.JPG


太宗寺の西側はゲイバー街として知られる新宿二丁目仲通り。

P1020297 (2).JPG


その仲通りを抜けて靖国通りへ出る。
正受院がある。

P1020755.JPG

ここには奪衣婆像がある。

P1020748.JPG

新宿区の文化財である梵鐘は、1711(宝永8)年鋳造。

P1020751.JPG


正受院の並びには成覚寺。

P1020745.JPG

ここには内藤新宿の飯盛り女(子供とも呼ばれた)の霊を祀った子供合埋碑がある。

P1020742.JPG

宿場内で不慮の死を遂げた人を祀った旭地蔵や、
浮世絵師の恋川春町の墓などもある。

P1020738.JPG


新宿が歴史の積み重ねの上にあることを強く実感することが出来た。

(続く)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック