ハイスクールララバイ~学校再開~

緊急事態宣言の解除を受けてようやく都立高校も授業再開となる。
3月に臨時休業となってから約3か月ぶりの授業だ。

授業再開は6月1日だが、学校によっては5月中に登校日が設けられている。
僕の勤務校でも、学年ごとに日を分け、男子と女子が午前午後に分かれる形で分散登校した。
生徒の心身の健康状態の把握や課題の確認が主な目的である。
一度にクラスの半分しか揃わず、それも滞在時間は1時間程度なのだが、それでも学校再開というのは嬉しい限りである。
それにしても、僕は教師としては共学しか経験したことがなかったので、
男子だけ、女子だけのクラスというのはなかなか新鮮な経験であった。


もちろん、新型コロナウィルスの対策は徹底して行なっている。
生徒には登校前に家で検温をしてもらい、発熱があった場合は登校を控えてもらう。
教室に入る前には手洗いをして、必ずマスクを着用する。
ちなみに生徒には国から布マスク(アベノマスク)が1人2枚配布されていた。

P1070011.JPG

トイレの前の床にはソーシャルディスタンスを示す仕切りがあり、
生徒が帰った後も、教室は徹底的に消毒しなくてはならない。

P1070024.JPG

今後も生徒の登校人数を制限するなどしながら段階的に学校を通常の状態に戻すことになっている。
学校再開後しばらく(約2週間)は週1~3回、30分授業が1日3コマ。
さらにその後しばらく(約2週間)は週3~4日、40分授業を1日6コマとなる。
もっとも体育の体を接触する種目や音楽の器楽・合唱といった科目は感染リスクもあってやることができない。
部活動が再開されるの2週間後からだ。


スタートが2か月遅れた分を取り戻すために、夏休み・冬休みの短縮が決まった。
夏休みは8月8日から23日までと約1ヶ月短く、
冬休みは12月26日から1月3日までと4日間短い。

1学期中の学校行事の中止・延期はすでに決まっていたが、どうやら年内の学校行事も同様になる見込み。
今年、僕は2年生の担任で冬に修学旅行引率が決まっているのだが、それもどうなるかわからない。


何しろ、このような事態は初めてなので、しばらくは手探りで進めざるを得ない。
新型コロナウィルスの第2波も心配ではあるが、とにかくようやく2020年度がスタートしたのだから、生徒ともどもがんばっていくつもりだ。

それにしても、久しぶりに顔を合わせた生徒たちは抱き合って喜んでいた(主に女子)。
まったくソーシャルディスタンスも何もあったもんじゃない。
ちょっぴり、いやかなり心配である。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック