スローカーブをもう一球~ドラフト会議~

このところ全然野球を観に行けていない。
特に今年は新型コロナウィルスの影響もあって、春も夏も甲子園が中止となっている。
東京六大学野球も春のリーグ戦は8月に延期になった上に1試合総当たり。
秋も各カードを2試合までしか行なわないという変則的な日程となっている。
おまけに球場には入場制限がかかっていたりと、なかなか普段通りとはいかないようだ。
早く元通りに戻って欲しい。

それでも今年もドラフト会議の時期がやって来た。
母校・早稲田大学からは、エース早川隆久投手(木更津総合)と今西拓弥投手(広陵)の2人がプロ志望届けを出している。
特に早川投手は今ドラフトの目玉候補の1人として注目されており、行き先がどこになるかが注目される。


P1070378.JPG


その早川投手(写真上)、ヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が競合。
抽選の結果、楽天に決まった。
4球団競合は、阪神に決まった近畿大の佐藤輝明内野手と共に今回最多だった。
楽天というとシンボルカラーがクリムゾン・レッドようは臙脂(えんじ)色。
そして、臙脂は早稲田のスクールカラーでもある。
楽天には既に福井優也投手(済美)、茂木栄五郎内野手(桐蔭学園)といった早稲田OBもいる。
共に頑張って欲しい。


P1070328.JPG


その一方、今西投手(写真上)は指名されなかった。
もし指名されていれば、身長200㎝というのは、日本人最長身タイ記録となるところだった。
200㎝の日本人選手というのは過去には後にジャイアント馬場となる馬場正平投手(巨人)がいるだけ。
もっとも今回巨人5位指名の秋広優人内野手(二松学舎大付)、同育成8位の阿部剣友投手(札幌大谷)がいずれも身長200㎝だったのではあるが…。
今西は社会人野球に進むのだろうか?
数年後に再びプロから指名されるよう活躍を願っている。


東京六大学野球は、残りは早慶戦だけ。
現在早稲田は慶応と共に優勝を争っている。
慶応は早慶戦で1勝でも挙げれば優勝。
早稲田は慶応に連勝もしくは1勝1引き分けで優勝というのが条件だ。
早川、今西の活躍で2015年秋以来の優勝奪還を成し遂げて欲しい。