億男~宝くじ~

僕はどうもギャンブルがあまり好きではない。
ゲームとしての面白さはあると思うのだが、お金を賭けてまでやろうと思わないのである。
そんなお金があれば何か別のことをやろうと思ってしまう。

もちろん僕もギャンブルの経験が無いわけではない。
大学生の頃に友人にパチンコに連れていってもらったことがある。
初めてだったが5千円ほどつぎ込むと、それが1万5千円になった。
まさにビギナーズラック。
なるほど、これは面白い。

だがその時、僕はハッと気づいた。
これは罠なのではないか?
こうやってハマってしまうと、最終的に大金を巻き上げられてしまうのではないか。
そう思って僕はそれ以来パチンコに行くのをやめた。
生涯勝ち逃げをすることにしたのだ。


 また、やはり大学時代には友人に麻雀を教えてもらった。
大学近くの雀荘に行って、一通りルールを覚えた。
腕前はともかくてして、時には雀荘で朝を迎えるなんてこともあった。
その後、大学を卒業して会社に入ると営業部に配属された。
配属された日が給料日だったかと思うが、先輩達が麻雀の勝ち負けを清算しているところが見えた。
先輩に麻雀は出来るかと聞かれたが、これはきっとカモにされるに違いない。
なので、知らないということにした。
以来、20年以上麻雀はやっていない。


もっともそんな僕も2016年夏にマカオを旅行した際にはカジノを訪ねている。
マカオといえばカジノが有名であったし、来た以上は経験としてやってみたいと思ったからだ。
際限なくやるとまずいので、負けても2万円までにしようと決めていた。
結果的には運良く約3万円勝つことが出来た。


実はそんな僕も欠かさず続けているギャンブルがある。
それが、宝くじである。
初めて買ったのがいつだったかは覚えていないが、このところ毎年ほぼ欠かさず買っている。

P1080361.JPG

ちなみにこれまでは1回だけ6等の3千円が当たったことがあったが、
それ以外は10枚買えば必ず当たる7等の300円が当たるだけ。
ところが、昨年のサマージャンボで久しぶりに3千円が当たると、年末ジャンボは初めて5等の1万円を当てることが出来た。
今年のサマージャンボも3千円で、なんと3回続けて6等以上を当てているのだ。

今回はもちろん1等の7億円が欲しいところなのだが、贅沢は言いません。
まずは次は4等の10万円からといきたい。

僕は宝くじとは夢を買うものだと思っている。
現在は1等は7億円。
前後賞も当たれば計10億円にもなる。
当たったら何を買おうか考えるだけでも楽しい。
毎月150万円使っても50年以上は持つ計算である。
もし当たったら今の仕事は辞てもて良い。
さすがに仕事を完全に辞めてしまうと毎日何していいのか悩むんでしまうだろうから、時間講師(非常勤講師)で週4日だけ仕事をしようか….。 


宝くじの当選金の換金はみずほ銀行で出来る。
だが、近所の銀行で換金してしまうと当選したとの噂が広まってしまうかもしれない。
それを避けるには都心の銀行か、思い切って千葉や埼玉辺りまで行くのが良いだろう。

噂ではなぜか当選したとの情報が流出して、寄付を求める人が訪ねてくるとのことだ。
また、親戚が増えるとの話もある。 
なので、万が一7億円が当たったとしても、誰にも言わずに黙っていようと思う。
当然、この「たこのあゆみ」でも報告はするまい。
だから、急に僕が仕事を辞めたら察して下さい(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック