永遠をあずけてくれ~茶道~

ゴールデンウィーク初日の今日4月29日(祝)、
母校・早稲田大学の茶道研究会の新入生歓迎茶会に参加してきた。


今年は3月11日の震災の影響で、早稲田大学は卒業式も入学式も中止。
授業が始まるのも例年より1ヶ月近く遅くなり、
サークルの新歓もしにくくなっていた。

画像


にもかかわらず、今日の新入生歓迎茶会には、昨年以上に多くの新入生が集まってくれた。


僕もネパールにいる間の2年間を除いて、毎年この新入生歓迎茶会には行くようにしている。
最近では茶道とすっかり縁遠くなっているので、
数少ないお茶に触れる機会となっていた。
いつもは僕よりもはるかに上の大先輩と一緒に席に入ることが多く、
横で新入生に教えたりしながら気楽にしているのだが、
今年は何の間違いか、正客をするはめになった。
もちろん、最初は固持しようとも思ったのだが、
席入りの顔ぶれを見たら、明らかに僕が最年長。
学生のサークルでは、学年が上であることが絶対なので、引き受けることにした。

画像


しかしながら、正客をするのは久しぶり。
すっかり手順を忘れてしまっていた。
普通、お茶席では、正客が客を代表して、招いた側に道具の名前などを聞いたりするのだが、
そのやり取りが全然思い出せない。
気づいたら、しーんとしたお茶席になってしまっていた。
新入生が、茶道を堅苦しいものと思ってしまったのではないかと心配だ。

今日はその後のコンパにも参加し、新入生たちと交流してきた。

"永遠をあずけてくれ~茶道~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント