私を野球に連れてって~ドラフト会議~

2016年のドラフト会議があった。
世間では5球団から指名を受けた創価大の田中正義(創価高)や、
同じく外れにも関わらず5球団から指名を受けた桜美林大の佐々木千隼(都立日野)辺りが話題だが、
僕は彼らにはあまり興味がない。
そもそも創価大の所属する東京新大学野球や、桜美林大の首都大学野球の試合は見たことがない。
(大学選手権や明治神宮大会は除く)


僕はもっぱら東京六大学野球、それも母校・早稲田の試合を見に行くだけである。
だから、僕としては早稲田の主将・石井一成内野手(作新学院/写真下)が日本ハムに2位指名されたのが嬉しかった。
日本ハムといえは、斎藤佑樹投手(11卒・早実)や有原航平投手(15卒・広陵)らが活躍している。

画像



また、OBのJX-ENEOSの高梨雄平投手(15卒・川越東)も楽天9位で指名。
六大学野球史上3人目の完全試合を達成した選手だ。

画像



さらに、DeNA育成1位の信濃グランセローズ笠井崇正投手(旭川西)は、現役の早稲田4年生。
一般受験でスポーツ科学部に入学するも、野球部を2日で退部。
その後、トライアウトを受けて信濃入りしたという。


もちろん、他大学のライバルたちの動向も気になる。
明治の主将・柳裕也投手(横浜)はDeNAと中日に1位指名され、中日が交渉権を獲得した。

画像



同じく明治の星知弥投手(宇都宮工)がヤクルト2位。

画像



佐野慶太内野手(広陵)がDeNA9位。

画像



慶応のエース加藤拓也投手(慶応)が広島の外れ1位。

画像



立教の主将・澤田圭佑投手(大阪桐蔭)がオリックス8位。

画像


田村伊知郎投手(報徳学園)が西武6位。

画像


田中和基外野手(西南学院)が楽天3位。


その他、明治の控え捕手の中道勝士捕手(智辯学園)がオリックスの育成5位。


明治OBのJX-ENEOS糸原健太内野手(島根開星)が阪神5位だった。

画像



こうした六大学出身選手が、プロという新たな舞台で活躍してくれれば嬉しい限りである。
彼らのこれからを応援していきたい。

"私を野球に連れてって~ドラフト会議~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント