プレイボール~WBC・日本―オーストラリア戦~

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、日本は2戦目でオーストラリアと対戦した。

オーストラリアというと、僕は2004年のアテネオリンピックを思い出す。
この時日本は、長嶋茂雄監督が直前に脳梗塞で倒れ、中畑清ヘッドコーチが監督代行として大会に望んだ。
日本は予選をトップで通過したものの、オーストラリアに1敗を喫する。
さらに、準決勝でも再びオーストラリアと対戦し、0―1で破れ決勝進出を逃した。

オーストラリアは銀メダルの快挙。
日本は3位決定戦でカナダを倒して銅メダルであった。


その因縁のオーストラリアとの対戦である。
しかも、オーストラリアのジョン・ディープル監督はアテネオリンピック当時の監督。
ライアン・ローランドスミス投手とトレント・オルテン外野手も当時出場している。
決して侮ってはいけない相手だ。


案の定、先制したのはオーストラリアだった。
日本先発の菅野智之(巨人)がソロホームランを浴びる。


だが、日本も5回無死1、3塁から松田宣浩(ソフトバンク)の犠牲フライで同点に追い付くと、
7回には中田翔(日本ハム)のソロホームランで勝ち越し。

8回の筒香嘉智(DeNA)のツーランホームランで突き放し、
4―1で勝利した。
日本は2連勝で第2ラウンド進出に向けて大きく前進したことになる。


今日のオーストラリア―中国戦でオーストラリアが勝つと、
1勝1敗のキューバとオーストラリアの直接対決が残っているので、
日本は例え中国に負けても2勝1敗で首位に並ぶ。
日本はすでに直接対決でキューバ、オーストラリアのいずれにも勝っているため、
グループ1位での第2ラウンド進出が決まる。


しかしもしオーストラリアが中国に敗れた場合は、
日本が中国に負けて、キューバがオーストラリアに勝ったとすると、
2勝1敗で日本、キューバ、中国が並ぶ。
その場合、得失点差で上位2ヶ国が第2ラウンドに進むことになる。


ともかく、日本の第2ラウンド進出はかなり有力ということになるわけだが、
日本には慢心せず、次の中国戦に勝って堂々の1位で第2ラウンドに進んでもらいたい。



またAブロックでは、一昨日韓国を破ったオランダが、台湾にも勝った。
これでイスラエルとオランダの第2ラウンド進出が決定。
これまで野球界をリードしてきた韓国と台湾が揃って第1ラウンド敗退という一大事。
野球界も新しい世代に向かっているのだろう。


追伸:
そういえば3年前のWBCで韓国が第1ラウンドで敗退した後、
韓国のマスコミが敗因を「台湾料理が口に合わない」ことをあげていたのを思い出した。
今回は地元韓国開催。
果たしてどんな言い訳をしたのだろうか。

"プレイボール~WBC・日本―オーストラリア戦~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント