何時だって挑戦者~田中将大日本球界復帰~

メジャーリーグ・ニューヨーク・ヤンキースのまーくんこと田中将大投手が日本球界に復帰するという。
田中の日本球界復帰は8年ぶりで、古巣の楽天ゴールデンイーグルスに移籍するとのことだ。
楽天時代の2013年、田中はプロ野球記録となるシーズン24連勝を記録するなど、楽天初の日本一に貢献。
ヤンキースでも、6年連続二桁勝利を挙げるなど活躍していた。
まーくんというと僕は2006年夏の甲子園を思い出す。
駒大苫小牧のエースだった田中は史上初の大会3連覇を目指していた。
そこに立ち塞がったのがエース斎藤佑樹擁する我らが早稲田実業。
37年ぶりの引き分け再試合となる激闘の末、早実が初優勝を遂げた。
僕もこの時現地で観戦していたが、とにかく感動した。
先日、この時の試合をテレビで再放送していたのを見たが、結果が分かっているのに熱くなってしまった。


それにしても、斎藤と田中、二人のライバルはすっかり差がついてしまった。
田中がNPB99勝、MLB78勝の計177勝81敗を挙げているのに対し、斎藤は15勝26敗。
しかも斎藤は2018年以来勝ち星がなく、ついに2020年は一軍登板すらなかった。
さらに昨年10月に右肘靭帯を断裂。
手術を回避し、保存療法で回復を目指すという。
2021年も厳しいシーズンとなりそうだ。

CIMG1722.JPG


僕は彼が高校生の時以来の斎藤ファンなので、今でもやっぱり信じている。
必ず復帰してきて、活躍してくれることを…。
ライバル田中将大の日本球界復帰で、斎藤が刺激を受け、奮起してくれることを期待する。
もう一度二人の対戦がを見てみたい。
高校時代は斎藤の2勝1敗1引き分けだった。
プロでは2度対戦しているが、田中がいずれも勝っている。
斎藤が復活してきてかつてのライバルと投げ合うなんてことになれば、最高に盛り上がるだろう。



"何時だって挑戦者~田中将大日本球界復帰~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント