テーマ:ネット

オクトパス・ガーデン~ホームページ~

僕のホームページ「OCTOPUS'S PAGE 」はブログより古く、2002年1月に始めている。ホームページを始めようと思ったきっかけは、当時務めていた高校の紀要に論文「日本競技かるた史(1)」を執筆したことである。論文を書いた後も引き続き調べていたのだが、せっかく調べたことを発表する場としてホームページを開設した。それが「日本競技かる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっともっともっと話そうよ~ブログ~

僕が一番長く続けているSNSはブログである。このブログ「たこのあゆみ」を始めたのは2006年1月だから、もうじき15年になる。 僕は2007年1月から2009年1月までネパールの首都カトマンズで青年海外協力隊の日本語教師として活動した。その体験を記録するためにこの「たこのあゆみ」を始めたのである。青年海外協力隊員としての活動や、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーチャル・ウォーズ~Instagram~

僕が「Instagram」 を始めたのは比較的遅く、2018年になってからだった。ある時、生徒が僕の映っている動画を見たという話を聞いた。時々生徒が僕のことを撮影したりするのは知っていたが、その動画がInstagramに上げられているというのである。それを確認するためにアカウントを取得したのがきっかけだった。結局その動画というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・インターネット~Twitter~

世界で中一番多くの人が使っているSNSはいったい何であろうか。登録者数でのランキングは次の通りとなっている。1.Facebook 24億9800万人2.YouTube 20億人3.WhatsApp 15億人4.WeChat  11億6500万人5.Instagram 10億人6.TikTok   8億人7.LinkedIn  6億750…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーチ~Facebook~

僕が一時期最も熱心に使っていたSNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)が「Facebook」である。 僕がFacebookに加入したのは2008年の事だった。ネパールのチトワン(写真)に旅行した際、同じホテルに留まっていたドイツ人医師から存在を教えてもらい、招待してもらったのが入ったきっかけである。チトワンで撮った写真をお互い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャル・ネットワーク~mixi~

5月18日、「mixiページサービス終了のお知らせ」が発表された。ついに、「mixi」も終わってしまうのかと、ちょっぴり寂しい気持ちになったが、よく見てみると、「mixiページ」という機能が8月いっぱいで終了するというだけのことであった。ようするに著名人や企業のオフィシャルページなどのことのようで、mixi自体が終わるわけではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻燈幻想~マジックランタン(幻燈機)~

すごく久しぶりにホームページの「映画史探訪」の記事を更新した。映画が発明される以前に娯楽として親しまれていた幻燈機(マジックランタン)について調べてみた。17世紀の幻燈機から、19世紀のファンタスマゴリアと、映画へとつながる歴史。そして現代でもプロジェクション・マッピングとして受け継がれている伝統について書いている。 ぜひご覧にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の授業~Yahoo!ブログ終了~

僕がこの「たこのあゆみ」を始めたのは2006年の1月だから今年で13年が経ったことになる。 ちょうど3年程前の2016年8月、書いた内容に問題があったとして、職場にバレてしまった。 問題の箇所を削除・改訂したが、職場の長から暗にブログを止めるよう言われてしまった。 そこで、「たこのあゆみ」を一旦休止し、それまで1つのブログで書いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代人は電影の夢を見るか?~有史以前の映画~

久しぶりにHP「映画史探訪」を更新した。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/BIRTHOFMOVIE/0PreMOVIE.html 映画誕生以前の映画前史についていろいろ調べようと思ったのだが、 洞窟壁画について書いているうちに長くなってしまった。 南フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画史探訪ブログ~映画史大辞典~

僕は2002年から「映画史探訪」(http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/MOVIEINDEX.htm)というホームページを運営している。 これは、映画史上で大切な作品を順を追って見ることで、自分自身で映画史を追体験し、 それをエッセイとしてまとめたものである。 「映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖!クールジャパン~和製アニメーション誕生~

今年は日本で国産アニメーションの製作が始められてからちょうど100年目の節目の年である。 そこで僕のホームページ「映画史探訪」に、 「元祖!クールジャパン~和製アニメーション誕生~」を執筆した。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/SILENT/33Japani…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様のカルテ~ホームページ紹介~

僕のホームページ「映画史探訪」は、一部の映画ファンの間で好評なようだ。 いくつかのホームページが好意的に紹介してくれている。 最近「最新映画産業の動向とカラクリが~くわかる本[第2版]」(中村恵二、佐野陽子2012年秀和システム)という本を読んでいたところ、 巻末資料の「映画産業関連サイト」として僕のサイトが紹介されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画史探訪~ホームページ~

僕は「映画史探訪」というホームページを持っている。 2002年に始めたので、すでに開始から15年経っている。 我ながらここまで長い期間続けるとは思っていなかった。 序章「青春劇場いざ序幕」にも書いたが、この「映画史探訪」を始めたのは、自分が観てきた映画の記録を何らかの形で残せないかと思ったからである。 僕自身が当時あまりよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の幻想~アニメーションの誕生~

僕は映画史研究のホームページ「映画史探訪」を持っているのだが、 最近すっかり更新が滞っている。 久しぶり、約2年ぶりに更新した。 今回は、「光の幻想~アニメーションの誕生~」ということで、 アニメーション映画の創世期について調べてみた。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこるくんワールド~ハンドルネーム~

どうでもよいことだが、4月からハンドルネーム(HN)を従来の「OCTOPUS」から「たこる」に改めた。 もともと「OCTOPUS」というHNは、小学校の時のあだ名に由来しているのだが、 そのあだ名というのが「たこる」であった。 大学生ぐらいの時に初めてメールアドレスを取得するにあたって、 特に何も思いつかないので、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜劇王ビギンズ~キーストン時代のチャップリン~

少し前になるが、久しぶりに映画史のHPを更新した。 僕が映画を好きになったそもそものきっかけは小学生時代にチャップリンに出会ったことだったのだが、 改めてチャップリンを取り上げることにした。 後の喜劇王チャールズ・チャップリンも、最初から大物だったのではない。 マック・セネット率いるキーストンで映画界に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お楽しみはこれからだ~トーキーの誕生~

久しぶりに映画史エッセイ「映画史探訪」を更新した。 これまでずっとサイレント映画の時代を紹介してきたが、 今回の「お楽しみはこれからだ~トーキーの誕生~」より時代は発声映画(トーキー)に入る。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/Talkie/01Talkie.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御焼け風土記

2015年4月に三宅島に引っ越して以来、この「たこのあゆみ」では三宅島の情報をいろいろ紹介してきた。 よりリアルタイムで三宅島の情報を発信するために、 Twitterにアカウントを作成した。 「御焼け風土記」(https://twitter.com/miyakefudoki)と名付け、 三宅島をいろいろ紹介していきたいと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たちの知らない世界~映画にまぎれ込んだ心霊?たち~

久しぶりにHPの「映画史探訪」を更新した。 ようやく夏も終わり、だんだん涼しくなってきているが、夏といえば“怪談話”がつきものである。 夏になるとテレビや雑誌では心霊の特集が取り上げられる。 ネット上にも「本物の霊」が映ったとされる映像が出回っている。 果たしてそれらは本物なのだろうか? 今回、「私たちの知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しい熱帯魚たち~映画の中の女形~

僕はこのブログの他にHPも持っているのだが、 なかなか更新できずにいる。 久しぶりに映画史エッセイ「映画史探訪」を更新した。 「寂しい熱帯魚たち~映画の中の女形~」 初期の日本映画には女優は存在せず、歌舞伎と同様に女性役も男性が演じていた。 (写真上は「カチューシャ」(1915年日活)、 写真下は「袈裟と盛遠」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の仲間~モロッコ~

海外旅行の醍醐味は人との出会いだろう。 それはもちろん現地の人が多くを占めるが、 時には外国人旅行者との出会いが貴重になることもある。 例えば、僕はモロッコで2泊3日のサハラ砂漠ツアーに参加したが、 参加者15人のうち、日本人は僕だけだった。 他の参加者はイギリス、フランス、ドイツ、ロシア、 ニュージーランド、エ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小さな冒険者~僕の見た秩序~

「僕の見た秩序」というサイトもお薦めである。 本来は写真素材サイトらしいのだが、 管理人が街中で出会った不思議なものにツッコミを入れるというスタイルで、 管理人自ら“バカサイト”と言ってしまうほど。 ともかく笑えるネタが満載 例えば、「(σ・∀・)σゲッツ!古今東西!」。 これは、一世を風靡したダンディ坂野の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年に帰りなさい~カラパイア~

僕は子供の頃から超常現象が大好きだった。 死後の世界は存在し、地球外の文明がUFOに乗って地球に来ていると信じていた。 しかし、だんだん大人になるにつれ、そうした超常現象を素直に信じられなくなってしまっていた。 だが、21世紀になった今でも、世の中には不思議なことが起きているらしい。 「カラパイア~不思議と謎の大冒険」は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

教祖誕生~やや日刊カルト新聞~

僕が参考にしているサイトの1つに「やや日刊カルト新聞」がある。 宗教を始め自己開発セミナーなどいわゆる“カルト”団体を俎上にあげ、レポートする。 統一協会やラエリアンムーブメント、ライフスペースなど様々な団体が取り上げられている。 僕が「やや日刊カルト新聞」に注目し始めたのは、 2009年の幸福の科学が幸福実現党…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

闇の中の系図~虚構新聞~

こんなブログを持っているぐらいだから、 インターネットを見る機会は多い。 毎日欠かさずチェックしているサイトもいくつかある。 その1つに「虚構新聞」というものがある。 この「虚構新聞」は、その名の通り、嘘のニュースを掲載している。 世間でも話題になった事件に捻りを加えたパロディとして取り上げているのだが、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サウンド・オブ・サイレンス~活動弁士~

僕は「映画史探訪」という映画史に関するホームページを持っている。 なかなか更新もままならないが、久しぶりに新しいページを執筆した。 「活動弁士」について書いている。 無声(サイレント)映画時代の日本では、 映画を鑑賞するにあたって活動弁士の語りを加えるという上映スタイルが発達したが、 これは他国には無い日本独自のものであったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美剣士変化~永遠の二枚目・林長二郎(長谷川一夫)~

僕はこのブログのほかにホームページを持っている。 そこに「映画史探訪」という映画史エッセイを執筆しているが、こちらを久しぶりに更新した。 剣戟スター林長二郎(後の長谷川一夫)について書いている。 林長二郎は、サイレント期の6大剣戟スターとして人気を集めたが、 その一方で甘いマスクで女性ファンのハートをつかんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文豪の映画礼讚~谷崎潤一郎の映画製作~

久しぶりにホームページの「映画史探訪」に新しい記事を書いた。 「文豪の映画礼讚~谷崎潤一郎の映画製作」である(参照)。 と言っても、2002年3月、当時勤めていた学校の紀要に発表した論文「谷崎潤一郎の映画製作」を手直ししただけのものなのだが…。 「痴人の愛」「細雪」などの文豪・谷崎潤一郎は、映画にも造詣が深いが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退屈な不死鳥~市川右太衛門と「旗本退屈男」~

少し宣伝させて頂きたい。 僕はこのブログの他にホームページを持っているのだが、 その中で「映画史探訪」というエッセイを書いている。 エジソン、リュミエール兄弟による映画の誕生から、主要な映画を実際に見て、 現代までの映画史の流れを追体験するという試みである。 しかし、最近ではすっかり更新も滞りがちで、 始めてから…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アニメじゃない~コミックマーケット~

夏のコミックマーケット(夏コミ)に出かけてきた。 コミケとは、日本いや世界最大規模の同人誌の展示即売会。 しかしながら、僕は今までにコミケにはほとんど行ったことがなかった。 10年ぐらい前に1度行ったきりだろうか。 僕はもともとコミケのメインであるマンガやアニメ、ゲームにはほとんど興味がない。 民族衣装を着るのは好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more