テーマ:マラソン

ekiden~箱根駅伝~

毎年恒例の第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が開催された。今年は新型コロナウィルスの影響もあって、「応援したいから、応援にいかない」のキャッチコピーのもと、沿道での応援を控えるよう要請があり、スタートやゴールでの応援合戦や、号外や旗の配布などのイベントが中止となっていた。僕も過去に何度かスタートやゴールに行ったことがあるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎のランナー~箱根駅伝~

冬の風物詩・箱根駅伝。数ある学生スポーツの中でも盛り上がるものの1つだ。今年は久しぶりにスタートとゴールを見に行った。 1月2日、朝8時。大手町は読売新聞社前をスタートする。20校に関東学連選抜を加えた21組が出場している。 今年は学連選抜の1区を東大の近藤秀一(3年)が走るということで話題になっていたのだが、インフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走れ!~箱根駅伝~

毎年、年末年始は海外で過ごすことが多いが、今年はたまたま日本にいた。 そこで、お正月の風物詩、箱根駅伝のゴールを久々に観に大手町へ出掛けてきた。 僕の母校早稲田大学は、箱根駅伝優勝13回の強豪校。 もっとも、僕が現役学生の頃から徐々に弱体化し、 入学する直前の1993年に優勝したのを最後に、2011年に優勝するまで18年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバルトの空~ラグビー大学選手権決勝~

イランの話題の途中だが、ちょっと違う話を…。 お正月恒例の箱根駅伝、わが母校・早稲田大学は4位に終わった。 優勝したのは東洋。 出雲と伊勢を制し、大学駅伝三冠を狙った駒澤は準優勝だった。 一方、ラグビー大学選手権では、早稲田は1月2日の準優勝で筑波を破り、 久しぶりの決勝へ駒を進めた。 決勝の相手は4連覇を狙う帝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ラプソディー~東京マラソン2012~

2月6日(日)、今年で6回目となる「東京マラソン」が開催された。 3万2000人が参加する世界最大規模のマラソン大会。 今年の応募倍率は9.6倍だった。 僕は2009年に「しまだ大井川マラソン」に出場し、完走した経験があるのだが、 さすがに最近は練習していないので、出ようという気にはならなかった。 もっぱらテレビで見ていただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それが大事~マラソン大会~

2月は学校行事が目白押しだ。 まずはマラソン大会があった。 1、2年生のみのイベントで、男子10キロ、女子8キロを走る。 僕は去年は走らなかったので、今年こそは参加したかったのだが、 残念ながら当日は仕事が割り当てられてしまった。 去年に引き続き、自転車で最後尾につくというのが、僕に与えられた仕事。 制限時間が設けら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北風と太陽~マラソン大会~

勤務先の高校でマラソン大会が行われた。 男子10キロ、女子8キロを走る。 実は僕はマラソン選手でもある。 2009年のしまだ大井川マラソンに出場し、5時間45で分完走している。 これはぜひとも自分も走りたい。そう考えていた。 ところが大会当日、僕に与えられた任務は「巡回」。 女子の最後尾について走るのだが、緊急事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と栄光の日々~ラグビー大学選手権~

今年2010年度は早稲田スポーツ復活の年だったようだ。 大学時代から、母校・早稲田大学のスポーツを応援してきた僕としても、 久しぶりに興奮する1年になった。 先日の18年ぶりの箱根駅伝優勝が記憶に新しいが、 競走部は他にも出雲駅伝、全日本駅伝との3冠を果たしている。 野球部も斎藤佑樹らの活躍で秋季リーグを制した…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

冬のオペラグラス~マラソン初め~

東京マラソンが、今月末に迫っているようだ。 もちろん、今回僕は参加しないのだが…。 この東京マラソン、とにかくすごい人気で、 出場のための抽選の倍率が8倍だったと聞いている。 僕としてはとりあえず、2月5日(金)、ようやく今年のマラソン初めを行った。 やはり新年というのはいろいろ慌ただしく、 マラソン仲間と日程がなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の稲妻~箱根駅伝~

正月の風物詩、箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)。 2007年1月、ネパールに出発する前、最後に見たスポーツが箱根駅伝だった。 あれから3年…久しぶりに箱根駅伝の時期に日本にいる。 そこで、1月3日ゴールを見に大手町へ出かけた。 実は、1月2日のスタートも見に行くつもりだったのだが、 起きたらとっくに選手たちは走っていたの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サンタがまちにまっている~マラソン納め~

今日はクリスマスイブ。 東京タワーもクリスマス色(写真上)だが、 ちっともそんな気分にはなれない。 しかし、そう思っている矢先… 先日一緒にしまだ大井川マラソンに参加した友人から、 今年最後のマラソン練習をしないかとの誘いがあった。 そこでイブの夜、皇居の周りを走ってきた。 さすがクリスマスだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きっと忘れない~マラソン~

しまだ大井川マラソンの公式記録が発表された。 それによると、僕の正式な記録は 5時間47分37秒 6331人が参加し、うち4434人が完走。 順位は3486位であった。 30代男子のみに限れば1206人中922位なので、 まだまだ修行が足りないな。 ちなみに各計測ポイントごとの時間は、以下の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ファジィな痛み~マラソン~

今回初めてしまだ大井川マラソンに参加して感じたのは、 テレビで見られるマラソンというのが、ごく一部に過ぎないということだった。 確かにトップ選手たちの熱い勝負は見ていて手に汗握る。 だが、そのはるか後ろでは、その何倍もの選手たちが、 それぞれのドラマを繰り広げているのである。 僕らのように仲間同士で参加して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winner!~マラソン~

ゴール直後から雨が降りだした。 いつしか大降りとなった。 マラソンはそれでも続いている。 やがて、開始後7時間が過ぎ、号砲と共にしまだ大井川マラソンの競技終了。 それでもまだ、ゴールを目指す人たちは続いていた。 今回、僕は友人2人と参加していた。 一人は僕の10分後にゴールしたが、 もう一人は、37キロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモンの勇気~マラソン~

11月1日(日)午前9時、第一回しまだ大井川マラソンのスタート。 島田市役所前を出発し、街中を通って大井川の河川敷のマラソンコース“リバティ”へ出る。 ここから20キロ地点までを直進。 折り返した後、再び37キロ過ぎまで直進し、 もう一度折り返してゴールとなる。 一応、皇居の周りを練習した成果もあって、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛に走って~マラソン~

初マラソン明けの月曜日。 当然、出勤したが、 あまりの足の痛さに、家から駅までがひたすら遠く感じた。 授業に支障があったが・・・明日は祭日なのが幸いだ。 さて、第1回しまだ大井川マラソン。 静岡空港の開港記念として開催された大会である。 そのため、飛行機を使用しての参加者は、交通費の一部返還があるそうだ。 もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎のランナー~マラソン~

マラソンはある意味、特殊なスポーツではないか。 というのも、上のほうのレベルの選手を除けば、勝敗がそれほど意味をなさない。 むしろ最後まで走りきれるかどうかが問われるわけで、 ある意味自分自身との戦いである。 今回のしまだ大井川マラソンに参加するに当たっても、 僕は当然のように無理な計画を立てるつもりはなかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Runner~マラソン~

スポーツの秋…なのかなぁ? 何を血迷ったか、明日11月1日(日)に開催される第1回「しまだ大井川マラソン」に出場することになった。 しかもフルマラソン、42.195キロである。 先日、日本語教師養成講座時代の仲間たちと飲んでいた時、 話の流れで出場しよう、ということになった。 結局、3人で参加することに。 今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Winter’s Tale~箱根駅伝~

昨日がスポーツ納めのつもりだったのだが、 ラグビーを見ている間に、 母校早稲田はもう一つの冬の風物詩・箱根駅伝で 予想外の活躍を見せていた。 箱根駅伝で早稲田はかつては強かった。 12回の優勝を数え、 僕が大学に入る直前にもエース渡辺康幸の活躍などで優勝を遂げていた。 それが、僕が大学に入ってからはまったく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more