テーマ:タイ

車輪の唄~成田空港着~

昨晩タイのスワンナブーム国際空港を飛び立った飛行機は、 1月5日午前6時30分、成田国際空港に降り立った。 11日間の旅が終わったのだ…。 タイもネパールも今回で6度目の訪問だったのだが、 今回はいつもとは違ったスタイルの旅にしたので、余計に楽しかったようにも思う。 しかし、ネパールに関しては帰国し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さよならを待ってる~カトマンズ、バンコク~

楽しい日々にも終わりはやって来る。 ついに日本に帰る日が来た。 昼過ぎのフライトだったが、ネパール最後の食事はやはりダルバート・タルカリにしようと思い、 ホテルの近くの食堂のディディ(歳上の女性、お姉さん)に頼んで作ってもらった。 最後のダルバート・タルカリ。 シンプルだがミートチャ(美味しい)。 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望の鐘が鳴る朝に~アユタヤ・バンコク~

アユタヤでもバンコクでも、タイ料理を食べまくった。 僕は元来バックパッカーの血が流れているらしく、 ついつい屋台みたいな安い所で食べてしまう。 パッタイ(焼きそば)や、 ガッパオ(炒めご飯)、 クイッティヤオ(ラーメン)。 カオマンガイ(チキンライス)も。 本場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メナム川の日本人~アユタヤ~

バンコクの北の旧都アユタヤにも足を伸ばした。 僕は以前一度だけアユタヤまで行ったことがあったが、 1日だけのツアーでだったので、自分で行くのは初めてになる。 バンコクの戦勝記念塔の近くからマイクロバスで行くのが良いという。 見るとバスがいろいろ停まっている。 どれがアユタヤ行きなのか…そう思う間もなく、客引きが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GOUNN~バンコク~

12月25日夜は、東京でクリスマス会があり、その翌朝、成田空港からタイのバンコクに向けて出発した。 約7時間のフライトでタイのスワンナブーム国際空港に到着した。 さすがはバンコク、30度と暑い…。 バンコクでは父親とも再会し、海鮮料理をたっぷりとご馳走になった。 翌日さっそくバンコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくらが旅に出る理由~タイ、ネパール~

毎年恒例の海外旅行。 この年末年始はどこに行こうか、ずいぶん前から考えていたが、 結局タイとネパールということに決まった。 タイは大学時代の初海外一人旅で訪ねて以来5回、ネパールも青年海外協力隊での2年間の赴任を含めて5回と、 すでに何度となく行っている国。 前回訪問も2013年8月と、1年半前でしかない。 なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goodbye Dream~帰国~

9月1日(日)午前6時30分。 成田空港に到着した。 それにしても、日本は暑い。 ひょっとしたら南ネパールのビラートナガルよりも暑いのではないか? これでこの旅も終わりだが、 明日は始業式。 いきなり日常に復帰しなくてはならない。 果たしてできるだろうか? かなり不安だ…(⌒-⌒; )
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならをもう一度~帰国~

約2週間に渡って、タイとネパール(ミャンマーも)を回ったこの旅も、 ついに最終日となった。 いつものようにチヤ・パサル(茶店)でカザ(軽食)とチヤ(紅茶)で朝食を澄ますと、 トリブヴァン国際空港へ向かった。 飛行機は昼過ぎに飛び立った。 そうして、3時間の後にバンコク・スワンナブーム国際空港…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タイランド・ファンタジア~メーソート・スコータイ~

昨晩はメーソートに泊まった。 メーソート自体は特にめぼしい観光地もなく、静かな国境の街といった趣。 意外とムスリムが多いらしく、入ったレストランにビールが無かった。 出発前にいくつかの寺院を見学した。 ワットチュムポル。 ワットマニ。 もと来た道を戻る。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国境の街~ミャンマー~

スコータイの西、ミャンマーとの国境の街メーソートに足を延ばすことにした。 スコータイ歴史公園から乗り合いソンテクで新市街に出て、さらにオートリキシャでバスターミナルへ。 バスターミナルからターク行のバス(60バーツ)に乗った。 1時間程でタークのバスターミナルに着き、ここでメーソート行きのバス(78バーツ)に乗り換えた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

悲しみモニュメント~スコータイ~

スコータイは四方を堀と土塁に囲まれた城塞都市である。 東西南北にそれぞれ土塁が途切れた門の跡がある。 自転車で門の外まで漕いで走り回った。 おかげですっかり日にも焼けてしまった。 スコータイの東側にあるワットチャーンロムは、その名の通りチャン(ゾウ)が仏塔を支える。 ワットトラパントンランは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都~スコータイ~

タイに来るのは今回で5度目(トランジットのみは除く。ネパール滞在前日も含む)。 バンコクはかなり回った気がするので、今回もすぐに北の古都スコータイへ向かった。 スコータイはタイに最初の王朝が興った地で、いわばタイの飛鳥。 バンコクからはバスでも7時間と比較的近いところにあるのだが、時間の節約で飛行機を利用した。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイウェイ~海外旅行~

立秋も過ぎ、暦の上ではとっくに秋になったというのに、 毎日なんでこんなに暑いんだろう。 こうも暑いと日本にはとてもいられない。 と、いうことで日本を飛び出すことにした。 成田空港からバンコクへ向けて出発しようと思う。 しばらくの間、日本を留守にする。 ひょっとしたらもう帰ってこないかもしれないが、それはそれで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WONDERER~タイ語~

この夏、なぜ東南アジアを訪ねたのか。 それは、ベトナムに友人がいるからというのが、何よりの理由である。 もう一つ、タイ語を実践したいというのがあった。 僕は現在、タイ語を学習している。 習い始めてずいぶん経つが、なかなか上達しない。 そこで、モチベーションを高めるためにもタイに行こうと考えた。 8月2日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒なんかいらねぇ~タイ料理(飲み物編)~

僕がビール党なのは、このブログをご覧の方ならとっくにご存知だろう。 タイはビールが充実している。 「Singha」「Chang」「LEO」、生ビールだって飲める。 連日のように飲みまくった。 クルンテープかるた会の会員と昼食に出かけた時のこと、 いつものようにビールを注文しようとしたところ、 「ビールなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアのこの街で~タイ料理(B級グルメ編)~

東南アジアを旅行していて、日本と違う、と思うことは、屋台が充実していることだろうか。ベトナムも、タイもそうだった。僕みたいな一人旅や、ケチケチ旅行にはありがたいものである。 バンコクについたのは、朝だったので、さっそく朝食を屋台で食べた。屋台には、滞在中主に朝食・昼食でお世話になった。 僕は屋台で食べるラーメ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

エスニック・プラネット・サバイバル~タイ料理~

ベトナム料理も美味しかったが、タイ料理も美味しい。基本的に、東南アジアは食にこだわる国なのだろう。今回の旅でもいろいろ食べまくった。 タイと言えばトムヤムクン(写真上)。エビの入った辛いスープである。さすがタイは、シーフードが充実している。個人的にはカニをカレーで炒め、卵をかけたプー・パッ・ポン・カリー(写真下)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微笑み返し~帰国~

8月7日16時30分頃、バンコク発の飛行機は成田空港に到着した。 9日間の東南アジア旅行を終えて、日本に帰ってきた。 明日からはまた日常が始まる。 ベトナムが想像以上に楽しかった。 タイではまた新たな抱負が生まれた。 それにしても、東南アジアのどことなくのんびりした雰囲気にすっかり浸りきってきた後は、 現実復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Squall~クルンテープかるた会~

バンコクで活動しているクルンテープかるた会の練習会にもお邪魔してきた。 クルンテープかるた会は現在会員数は約20人で、アユタヤにも支部がある。 すでにB級(2・3段)選手を排出しており、 まさしく海外随一の強豪だ。 僕はネパール帰りの2009年1月にも練習に参加させてもらった。 また日本でも、日タイ合同練習会などで来日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十年ロマンス~バンコク観光~

バンコクに来るのは、1996年、2007年、2009年に次いで4回目になる。 この15年の間にバンコクは急激な発展を遂げてきた。 タイはネパールと同じ発展途上国なのだが、いったいなぜこうも違うのだろうか。 いずれにせよ、何度もバンコクに来ているので、目ぼしい観光地はすでに回ってしまった。 こっちにはもともと僕の父親が住んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の国から~チェンマイ料理~

チェンマイの名物はカオ・ソーン(写真上)だそうだ。 これはカレー味のスープの麺だ。 具はチキンで、さらにそこに揚げ麺が入っる。 ライムを絞り、生の玉ネギとバックカート(白菜の漬物)を入れる。 なかなか美味で、ぜひまた食べてみたい。 もう一つ、チェンマイではサイウア(写真上)というソーセージが名物らしい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愉楽の園~チェンマイ観光~

やってきたのはタイ北部の古都チェンマイ。東南アジアとはいえ、北ともなるとだいぶ涼しくて過ごしやすい。 チェンマイはかつてはラーンナー・タイ王国の首都があった場所で、町の中には寺院(ワット)も多い。バンコクのように都市化されておらず、古き良き東南アジアの雰囲気を残している。ちょうど15年前に訪ねたバンコクがこんな感じだった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

happily ever after~ネパールフェスティバル~

先日、今年はネパールフェスティバルが2回開催されるということを紹介した(参照)が、 どうやらそれ以外にも7月にもう一つネパールフェスティバルがあるらしい。 7月30日(土)・31日(日)に代々木公園で「ネパールフェスティバル」が開催される。 しかも、「タイフェスティバル」と同時開催だという。 (HP〈http:/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チョコレート・ファイター~タイ語~

12月も4週目、ぼちぼち今年度の締めくくりというものも出てきている。 今日(12月20日)はタイ語のレッスン納めだった。 去年の10月に始めたタイ語。 職場が変わって、レッスンに通いづらくなったが、 何とか続けている。 もっとも、クラスのほうは当初毎週水曜日だったのが、 木曜日→月曜日と変えなくてはならなくなったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翼をください~競技かるた日タイ合同練習会~

10月9日(土)、タイから来日中の中学生たちを招いての競技かるたの練習会があった。 もっともかるたは室内競技なので、雨とは無関係ではあるが… あくまで気分の問題。 最近かるたは国際的で、先日の埼玉大会では中国からの留学生が入賞。 また、ニュージーランド人が初段を獲得したなんてこともあった。 タイの中学生たちも明日1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

精霊流し~タイロイカトン祭~

日比谷公園にタイロイカトン祭を見に来た。 去年の5月に行ったタイ・フェスティバルは、文字通り立錘の余地も無いほど混んでいたので、 覚悟して出かけた。 すると、拍子抜けするほど閑散としている。 先週同じ日比谷公園であったネパール・フェスティバルのほうがよっぽど混雑していたぐらい。 ロイカトン祭では川に灯籠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界はひとつ~ワールドフェスティバル~

ネパールフェスティバルが開催された日比谷公園では、 来週末(8/7、8/8)はタイロイカトン祭が開催されるそうだ。 ロイカトン(ローイクラトン)祭とは、 ソンクラーン(旧正月)と並ぶタイのお祭りで、 収穫を祝い水に感謝して、灯篭を流す。 実際にはタイでは秋に開催されるのだが、 日本ではなぜか夏に行われる。 もっとも秋で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HEIWAの鐘~世界平和度指数~

最近全然ブログを更新しておりませんでしたが、 僕は元気にやっております。 先日、2010年度の世界平和度指数(Global Peace IndeX)が発表された。 これは犯罪件数、人権尊重状況、行政の状況、軍事費、経済、教育、文化等23項目の状況を数値化して、 世界各国の安心度を測るというもの。 各数値の平均が1に近け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

憧れ遊び~競技かるた~

10月4日(日)に開催された埼玉県百人一首大会。 この大会には、中国からの留学生が2人出場していた。 そのうちの一人は、10月3日の富山大会でもD級3位に入賞するなど、 なかなかの実力の持ち主である。 タイのバンコクにあるクルンテープかるた会の練習会に、 ネパールからの帰国の際に参加したことは以前紹介した通り(参照)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶と花~タイ語~

実は最近、タイ語を勉強している。 日本での生活も最近ようやく落ち着いてきたので、 そろそろ新しいことを始めようと思ったのである。 ネパールからの帰路、 僕はタイのバンコクに10日間滞在した。 ネパールとは違い、タイでは、思ったより英語が通じなかった。 当然、タイ文字で書かれたメニューや標識も読むことができない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more