テーマ:訃報

草の想い~大林宣彦死去~

4月10日、映画監督の大林宣彦が亡くなった。82歳だった。大林監督は2016年に肺癌で余命3ヶ月を宣告され、晩年はすっかり痩せ細りながらも精力的に映画造りを続けていた。 僕が映画好きになった中学・高校時代、大林監督の作品が大好きだった。それこそ初期の尾道三部作「転校生」「さびしんぼう」「時をかける少女」から、石田ひかりをヒロインと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶々夫人~緒方貞子死去~

元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが10月22日に亡くなった。92歳であった。 緒方さんは日本人初の女性国連公使から、1990年に日本人初の国連難民高等弁務官(UNHCR)に就任。ユーゴスラビア内戦やルワンダ紛争、トルコ・クルド紛争などで難民救済の陣頭指揮を執った。2002年には国際協力事業団から改組された国際協力機構(JICA)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙くんさようなら~ジャニー喜多川死去~

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が87歳で亡くなった。 初代ジャニーズを始めとして、フォーリーブス、郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、シブがき隊、光GENJI…日本の男性アイドル史においてその業績は有り余るものがある。 すでに数年前から重病説や死亡説が流されていた。SMAP解散騒動や、TOKIOの山口達也メンバーらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うわさに、なりたい~岡留安則死去~

元「噂の真相」編集長の岡留安則氏が死去した。 死因は肺癌で、71歳であった。 「噂の真相」は、“タブーなき反権力雑誌”を標榜し、マスコミが書けないような皇室や政治家、芸能人たちのゴシップなどを暴露してきた。 その一方で、抗議や訴訟を頻繁に起こされるなど、たびたび問題を引き起こしていた。 社会人になったばかりの頃だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大漁節~桂歌丸死去~

ついにこの日が来てしまった。 落語家・桂歌丸死去のニュースはショックだった。 歌丸というと、「笑点」。 永らく回答者として活躍し、2006年に5代目三遊亭圓楽の跡を継いで司会者に就任。 2016年に春風亭昇太に譲るまで10年間司会者を務めていた。 晩年は入退院を繰り返していたが、酸素吸入器を着けて高座やテレビ出演を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷だらけのローラ~西城秀樹死去~

歌手の西城秀樹死去のニュースには驚いた。 脳梗塞で倒れたというのは知っていたが、63歳という年齢は若すぎる。 実際、2度倒れてからもリハビリを続けて、最後までステージにこだわっていたという。 同い年で共に“御三家”だった郷ひろみが、今なお現役で活躍していることを考えても、早すぎる死である。 僕は1974年生まれなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英雄 運命の詩~正木一郎永世名人死去~

少し前の話になるが、競技かるたの正木一郎・永世名人が85歳で3月22日に亡くなっていたというニュースが入った。 (参照:朝日新聞) 正木永世名人というと、全日本かるた協会の初代名人。 昭和30年代には無敵の強さを誇り、 10連覇で初代永世名人に就いている。 「名人とは、自らが手本とならなければならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐獅子牡丹~高倉健死去~

高倉健が11月10日に亡くなっていたのだという。そのニュースを聞いたとき、少なからぬショックを受けた。 正直言うと、僕は高倉健がそれほど好きというわけではなかった。しかし、彼のフィルモグラフィを眺めると、かなりの数の作品を見ていたことに気づいた。 小学生の時お年玉で家族で観に行った「南極物語」(1983年)から、学生時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手のひらを太陽に~やなせたかし死去~

「アンパンマン」の作者のやなせたかし死去のニュースもショックだった。 94歳だったから、大往生と言えるのかもしれない。 代表作「アンパンマン」が発表されてから今年で40年目。 僕なんかもまさしく「アンパンマン」で育った世代だ。 もっとも僕らの世代の場合はアニメというより絵本の印象が強い。 今でこそ僕はアンパ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ぞろぞろ~立川談志死去~

談志が死んだ(回文) 先日飛び込んで来た立川談志(75歳)死去のニュースには驚いた。 喉頭癌を発症し、今年に入ってからも入院するなど、 めっきり衰えを見せてはいたが、 あの談志のことだから、また復活するものだと思っていた。 「天才」「天狗」「反逆児」「風雲児」などとも称された。 真打昇進制度を巡って落語協会から分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さよならジュピター~小松左京死去~

最近、このブログで訃報を伝えることが多くなった気がするが… 7月26日、作家の小松左京が80歳で亡くなった。 小松左京といえばSF界の第一人者にして、 超ベストセラー「日本沈没」の著者。 まさしく巨星墜つ、といった感じだ。 2006年には「日本沈没」の第2部を発表したが、 実際の執筆を行ったのは、青年海外協力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テロルの決算~ビンラディン死去~

昨日(5月2日)最大のニュースと言えば、 オサマ・ビンラディン死去のニュースだろう。 正直言って驚いた。 死んだということは、つまり生きていたわけなのだから。 5月1日、ビンラディンは潜伏していたパキスタンの豪邸で、 アメリカ軍の作戦により死亡したそうだ。 ビンラディンといえば、国際的テロ組織アル・カイーダを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微笑み返し~サイババ死去~

統一地方選挙のニュースの陰に隠れてしまった気がするが、4月24日(日)インドの聖者サティア・サイババが亡くなった。 何も無い空間から聖なる灰ビブーティを取り出すなど、様々な奇跡を行ったサイババ。しかし日本では、インチキ超能力者のような扱いを受け、あまり評判は良くなかったような気がする。僕なんかも、最初はそう思っていたのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦士の休息~コイララ元首相死去~

3月20日、ネパールのギリジャ・プラサッド・コイララ(गिरिजा प्रसाद कोइराला)元首相が亡くなった。 1925年インド・ビハール州生まれということだから、85歳になる。 コイララ元首相の功罪については、正直賛否両論あるようだ。 しかし、1990年以来、民主化運動を指導してきて、 それが2008年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more