テーマ:海外旅行

街角のラブソング~バレスティア・ロード~

いよいよシンガポールでの最後の日を迎えた。 最終日はローカルフードの老舗の名店が多いという、 バレスティア・ロードへ行くことにした。 バレスティア・ロードは、MRTの駅からは少し離れた場所にあるため、 リトルインディアからバスに乗った。 今回の旅でバスを使うのは初めてである。 料金は1.6ドル(約128円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールド・エンド~チャイナタウン、リトルインディア~

シンガポールのチャイナタウンを訪ねた。 もともと中国系の住民が多いため、 チャイナタウンに限らずシンガポールには中国的な要素が強い。 しかし、ここチャイナタウンは由緒ある建物がとりわけ多く残っている。 まずは、新加坡佛牙寺龍華院。 ここは巨大な伽藍が目立つ。 まるで、「千と千尋の神隠し」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒にいて~シンガポール植物園~

マーライオンやラッフルズホテルのシンガポール・スリングと並んで、今回のシンガポール旅行で絶対に訪ねたかった場所がある。 それが、シンガポール植物園である。 というのも、このシンガポール植物園、シンガポールで唯一、世界遺産に指定されているからだ。 シンガポール植物園へは、MRTのボタニック・ガーデン駅で降りる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒー・ルンバ~ブギス~

シンガポールは国際的な都市だ。多民族国家で、そもそも公用語が英語、中国語、マレー語、タミル語と4つもある。僕が泊まっているアラブストリートは、その名の通り、中東系の人が多く住んでいるようだし、他にもチャイナタウンやリトルインディアなどといった場所がある。 アラブストリートを散策した。 毎日のように眺めていたサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッフルズホテル~シティ・ホール周辺~

シンガポールに来るのは2度目とはいえ、前回はほんの子供だったため、まったく覚えていない。 そこで、シンガポールの定食メニューともいうべき場所を回った。 観光名所は、MRTのシティ・ホール駅周辺にまとまっている。 中でも僕が真っ先に向かったのは、シンガポールのシンボルともいうべきマーライオン。 そのマーライオンがいるマーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールの夜は更けて

僕は毎年、年末年始を海外で過ごすというのが恒例となっていた。 それが今年は珍しく、日本にいた。 この冬はもう海外には行かないと思った人もいるかもしれないが…。 ところが、どっこい。 今年もいきますよ。 3日程のスケジュールしか取れなかったので、前回のマカオ同様、今回も近場にした。 行き先は、シンガポール。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の宿~ユースホステル~

僕は旅行が大好きである。 三宅島に来てからはなかなか行けないのだが、 それでも時間を見つけて旅行に行くようにはしている。 旅行というと、どこに泊まるかが心配なところ。 僕はもっぱら安いビジネスホテルに泊まることが多い。 学生時代にはユースホステルを使うことも多かったが、 先日、約10年ぶりにユースホステル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海サプライズ~マカオ・上海~

マカオから帰る時が来た。 マカオ国際空港を夜に発つ便に乗る。 中国東方航空の飛行機に乗る予定であったが、遅れていた。 まあ、よくあることあるらしい。 結局、1時間半程遅れて21時20分に出発。 中継地の上海虹橋国際空港にはもともと夜中に着く予定ではあったのだが、 結局着いたのは23時半であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DECORATION~マカオ料理~

マカオは現在では中華人民共和国の特別行政区であるが、 1999年まではポルトガル領だった。 だから、町の景色も中華風と洋風が入り交じっている。 料理なんかもきっと中華料理とポルトガル料理が混じった感じに違いないと思っていた…。 しかし、実際のところ、以前訪ねた北京とそんなに変わらない印象。 どうも中華料理がメインだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破門~マカオ離島部観光~

マカオ(澳門)特別行政区は、マカオ半島の他に、南の離島部がある。 もともとはタイパ島とコロアネ島の2つの島であったが、現在ではその間を埋め立てたコタイによって、 1つの島となっている。 マカオ最終日は、その離島部をめぐった。 ホテルからタクシーで離島部の南端に近いコロアネの譚公廟へ。 1862年に建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カジノ・ロワイヤル~マカオ・カジノ~

マカオというと、数多くのカジノが立ち並ぶ、“東洋のラスベガス”。着いた瞬間から絢爛豪華なホテルに驚かされたが、それらは大抵カジノが併設している。 やはりマカオに来た以上、カジノをやらない手はない。 もともと僕はギャンブルは、宝くじを除いてまったくやらない。パチンコは大学生の時に友達に連れていかれ、5000円を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイフォール~マカオ観光~

もちろんマカオは世界遺産だけの町ではない。 他にも面白い場所が数多くある。 ギアの要塞からロープウェーで下山したすぐ近くに、 孫中山紀念館(マカオ国父紀念館)がある。 中国革命の父・孫文は、若き日の1892~94年に医師としてマカオに滞在。 その際に滞在していた兄の家が、マカオに残されている。 結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲望の街~マカオ世界遺産~

翌日も引き続き世界遺産をめぐって歩いた。 今日は主にマカオ半島の北部を散策。 まずはマカオ半島の東の中央辺りにある(21)ギア要塞へ向かった。 ギア要塞は東望洋山(松山)の上にある。 汗だくになってギア要塞にたどり着いた。 ここにはギアの聖母礼拝堂と、灯台がある。 聖母礼拝堂は16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎゆく時の中で~マカオ世界遺産~

マカオは「マカオ歴史地区」として世界遺産に登録されている。22の建物と8つの広場の計30ヶ所が世界遺産に選ばれているのだ。世界遺産検定2級を持つ世界遺産マニアの端くれとしては、そのすべてを周りたい。 さっそく、着いた翌日から世界遺産をめぐって歩き回った。 マカオ(澳門)特別行政区は、マカオ半島と離島部から構成されるが、世界遺産の点在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグザイル~上海・マカオ~

この夏、あたしが出かけることにしたのはマカオ(澳門)なの。 羽田空港から出発。 しばらく食べられないから名残の和食よ。 お寿司食べちゃったわ。 もちろんビールもね。 羽田から2時間半のフライトで上海にやって来たの。 ここでももちろんビールよ。 青島ビールね。 ここで飛行機に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時空の旅人~海外旅行~

毎年恒例の夏も海外旅行。 もちろん今年も行く。 昨年、ロンドンに長々と行ってしまった。 その結果、母校が甲子園でベスト4まで進出したにも関わらず、 見に行くことができず悔しい思いをした。、 なので今年はそれを避けて夏の後半に旅行を計画したのである。 (残念ながら母校の甲子園出場はならなかった。) 当初の予定では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国から来た男たち~フィリピン~

今回のフィリピン旅行も充実していた。すっかりフィリピンにはまりそうである。 今回、来てみてわかったことは、フィリピンが想像以上に日本人にとって居心地がいい場所だということだ。 何よりも、東京からたった4時間というのが良い。タイのバンコクでさえ6時間かかる。おまけに時差もわずか1時間だから時差ぼけの心配もほとんどない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日の果て~帰国~

楽しかったフィリピン旅行も最後の日を迎えた。 日本に帰る日である。 ホテルをチェックアウトして、まだ時間が有ったので、 バクラランへ足を延ばした。 バクラランには市場がある。 また、バクララン教会があった。 最後にもう一度、マラテの南に戻り、 ココナッツ・パレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスロード~フィリピン人家庭訪問~

フィリピンの人は懐っこい人が多いという印象である。 今回のフィリピン旅行の最中、 初日の夜のマカティの市場の歌手を皮切りに、 ダバオのホテルのオーナー一家など、ほぼ毎日のように誰かしら現地人と話をしていたように思う。 とある人に、「最初、韓国人だと思った。」と言われた。 なんでも僕は日本人にしては英語が流暢なのだそうだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欲望の翼~マニラ~

マニラに戻ったので、再び市内を散策することにした。 宿のあるマラテから、北に向かって歩いた。 リサール公園へ。 城壁に囲まれたイントラムロスは、この公園に接している。 イントラムロスの西側に、こんな像を見つけた。 コラソン・アキノ元大統領と、その夫ベニグノ(ニノイ)・アキノの像だ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月はどっちに出ている~マニラ~

マニラは夜も賑やかだ。 バーやクラブなど遊ぶところも実にバラエティに富んでいる。 地元の女性と接する機会もあるだろうと、 いわゆる出会い系バーに行ってみた。 マラテにある「LA cafe」はその手の店の中でも老舗らしい。 チャージ料金も無く、 女の子のノルマも無いので、比較的安く飲めるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋するトマト~フィリピン料理~

フィリピン、特にマニラには日本人が多く住んでいる。日本料理の店もかなりあるようだ。もっとも僕は、フィリピンに来た以上、毎日フィリピン料理を食べるつもりでいた。 初日にマラテの市場で食べたシジリン・シシグはおいしかった。 2日目の昼食はイントラムロスを案内してくれたドライバーに連れていかれたローカル食堂だった。ポークの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あふれる熱い涙~ダバオ、マニラ~

ダバオには2泊し、去る日が来た。 結局、ダバオの名所はほとんど訪ねられなかったが、 また来る理由が出来たと思うことにしよう。 朝、帰る前に、聖ペテロ大聖堂まで散歩した。 なかなか立派だが、一風変わった聖堂だ。 タクシーでダバオ国際空港へ出た。 再び2時間弱のフライト。 マニラに帰ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナ・ボート~ダバオ~

ダバオで迎えた元旦。 前日は夜更かしに加えて飲み過ぎで、すっかり遅くまで寝過ごしてしまった。 寝正月は実に久しぶりだ。 今回、この日程でダバオを訪ねたのは正直失敗だった。 というのも、1月1日はフィリピンでも祝日。 ダバオは戦前から日本人が多く、 日本関連の観光地も多いのだが、 それらの施設も当然休み。 それ以前に、ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃色吐息~ダバオ~

次の目的地は南のミンダナオ島の南にあるダバオである。 マニラ、セブに次ぐフィリピン第3の都市にして、世界最大の面積の市だという。 ニノイ・アキノ国際空港から昼の飛行機に乗った。 実は、ダバオには個人的な思い入れがある。 というのも、僕の中学時代のあだ名が、“駄馬男(ダバオ)”というものだったからだ。 とある理由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボルケーノ~タガイタイ~

ローカル・ツアーで、マニラ郊外にも足を延ばした。 マニラの南64キロのところにあるタガイタイ。 車を一台借りきって、ガイドとドライバー付きの半日のツアー。 昼食もついて5900ペソ(約1万4600円)。 一人旅なので高くついたが、好奇心には代えがたい。 朝8時半、ホテルを出発。 タガイタイまでは1時間半という話だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニラ・デイドリーム~マニラ~

さっそくマニラの町を観光しようと思う。 ホテルはマニラの南のマカティ市にあったので高架鉄道に乗った。 電車を乗り継ぎ、セントラル駅で下車。 マニラ市へやってきた。 イントラムロスへ。 イントラムロスとは、城壁に囲まれたかつての城砦都市である。 サイドカーつきの自転車ぺディキャブが、30分350…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

First Love~マニラ~

このところ毎年のように、海外で年越しをしている。 それは、三宅島に住んでいても変わらない。 今年も日本を飛び出すことにした。 行き先をどうするか… これまで、年末年始はネパールにいるというのが多かった(2010年、11年、14年)が、 今年はやめたほうが良さそうだ。 4月の大地震の傷跡からはだいぶ回復して来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レット・イット・ビー~イギリス~

久しぶりのヨーロッパにして初めてのイギリス。 予想していた通り充実していた。 9日間ほとんどロンドン周辺にいたこともあって、 ガイドブックに載っているような定食コースはほぼ回れたかな、とは思う。 もちろん、まだまだ行きたいところは残っているが…。 それだけロンドンは楽しいところだといえる。 (写真下はセントポール寺院) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロー・グッドバイ~帰国~

ついにイギリスから日本に帰る日が来た。 帰りの飛行機は夕方だったので、 最後にまだ行っていなかった世界遺産のキュー王立植物園を訪ねた。 広大な敷地。 生憎の雨模様だったが、駆け足で散策した。 パゴダがあった。 日本庭園もある。 この勅使門は、西本願寺唐門を写したものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more