テーマ:ネパール旅行

車輪の唄~成田空港着~

昨晩タイのスワンナブーム国際空港を飛び立った飛行機は、 1月5日午前6時30分、成田国際空港に降り立った。 11日間の旅が終わったのだ…。 タイもネパールも今回で6度目の訪問だったのだが、 今回はいつもとは違ったスタイルの旅にしたので、余計に楽しかったようにも思う。 しかし、ネパールに関しては帰国し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さよならを待ってる~カトマンズ、バンコク~

楽しい日々にも終わりはやって来る。 ついに日本に帰る日が来た。 昼過ぎのフライトだったが、ネパール最後の食事はやはりダルバート・タルカリにしようと思い、 ホテルの近くの食堂のディディ(歳上の女性、お姉さん)に頼んで作ってもらった。 最後のダルバート・タルカリ。 シンプルだがミートチャ(美味しい)。 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

One More Time, One More Chance~カトマンズ~

カトマンズ、いやネパール1の繁華街タメルには、ありとあらゆる店が揃っている。 僕も住んでいた当時よくいったものだったが、 ネパール料理に限らず懐かしいので、今回もいくつか行ってみた。 トレッカーの間で有名な「Rum Doodle」。 店にはトレッカーのサインが飾られている。 僕が住んでいた当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛したい信じたい~カトマンズ~

カトマンズは2年間を過ごした町だけに、思い出の店や場所が限りなくある。 それらを回るだけでも数日はあっという間に経ってしまう。 僕の元のオフィス(現在は移転)の前にあった茶店に行ったところ、 店のバイ(若い男性、弟の意)が立派に店長になっていた。 しかも、奥さんや子供もいて、店を手伝っていた。 何度かお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決意の朝に~カトマンズ~

今年の初詣はスワヤンブナート寺院だった。 本当は初日の出を見たかったのだが、厚い雲に阻まれ、叶わなかった。 ネパール着いた初日は晴れていたというのにまったく残念だ。 また、同じく仏教寺院のボウダナートも訪ねた。 以前来た時、路地にあったチベット系の店でラーメンやらバター茶を飲ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムマシンにおねがい~カトマンズ~

カトマンズではいろいろな人に会った。青年海外協力隊時代の仲間や、国際協力機構(JICA)でお世話になった人たち。 ネパール語の恩師の家ではダルバート・タルカリをご馳走になった。 住んでいた家の大家さんや、ホームステイさせてもらった一家にも会った。 カトマンズには何度も来ていて、来るたびに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リルラリルハ~カトマンズ~

12月30日、バンコクのスワンナプーム国際空港から次の目的地ネパールのカトマンズへ向けて出発した。 機内からヒマラヤが見えた。 いよいよ帰ってきたのだ。 カトマンズ・トリブヴァン国際空港に到着。 毎回来るたびに思う。 スワンナプーム空港に比べ、ここトリブヴァン空港はなんて規模が小さいのだろう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぼくらが旅に出る理由~タイ、ネパール~

毎年恒例の海外旅行。 この年末年始はどこに行こうか、ずいぶん前から考えていたが、 結局タイとネパールということに決まった。 タイは大学時代の初海外一人旅で訪ねて以来5回、ネパールも青年海外協力隊での2年間の赴任を含めて5回と、 すでに何度となく行っている国。 前回訪問も2013年8月と、1年半前でしかない。 なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑠璃色の地球~ネパール~

この夏、久しぶりにネパールを訪ねた際に何人かの青年海外協力隊(JOCV)OBに会ったが、 隊員OBにとって、任期終了後のネパールとの関わり方はいろいろあるのだと思う。 NGOや大使館、あるいは国際協力機構(JICA)職員として再びネパールで仕事をするOBも多い。 中には、ネパール人と結婚してネパールに住んでいる人も。 以…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Goodbye Dream~帰国~

9月1日(日)午前6時30分。 成田空港に到着した。 それにしても、日本は暑い。 ひょっとしたら南ネパールのビラートナガルよりも暑いのではないか? これでこの旅も終わりだが、 明日は始業式。 いきなり日常に復帰しなくてはならない。 果たしてできるだろうか? かなり不安だ…(⌒-⌒; )
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならをもう一度~帰国~

約2週間に渡って、タイとネパール(ミャンマーも)を回ったこの旅も、 ついに最終日となった。 いつものようにチヤ・パサル(茶店)でカザ(軽食)とチヤ(紅茶)で朝食を澄ますと、 トリブヴァン国際空港へ向かった。 飛行機は昼過ぎに飛び立った。 そうして、3時間の後にバンコク・スワンナブーム国際空港…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最後の楽園~カトマンズ~

カトマンズ最後の夜は、ネパールに今も在住する元青年海外協力隊員(JOCV)たちが企画してくれたボーズ(飲み会・パーティ)だった。 ネパール人と結婚した元隊員がいるかと思えば、 博士課程の研究のためにネパールを訪ねている元隊員がいたりと、 任期が終わった後も、みんな様々な形でネパールに関わり合っている。 しかしまあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミング・トゥゲザー・イン・カトマンズ

約5日間の東ネパール周遊を終え、再びカトマンズに帰ってきた。 まだネパール滞在の日数は残っているが、 その間沈没してしまおうか。 と言いながら、あちこち歩き回ったのは言うまでもない。 ネパール時代にお世話になったネパール語のグルアマ(女師匠)は残念ながら仕事でカナダへ行っていて会えなかったが、 1週間ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AHHHHH!~ビラートナガル~

東ネパールを楽しみ、カトマンズへ帰る日が来た。 本当は夜行バスにでも乗ってゆっくり帰りたかったのだが、 時間の節約のために帰りもまた飛行機を利用した。 行きはバドラプールから東ネパール入りしたので、 帰りはビラートナガルから出ることにした。 本当はダーランから直接ビラートナガルに行けば近くて良いのだが、 スケジュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の扉~ダーラン・ヒレ~

今回は東ネパールをあちこち見て歩いた。 まずはダーランへ。 ビルタモードからバスに乗り2時間程でイタハリに着く。 ここでバスを乗り換え、さらに1時間程でダーランに到着。 運賃は180ルピー(約180円)だった。 ダーランのバスパークからは立派な時計塔が見える。 地震記念公園の時計塔だ。 1998年にこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Peace!~ビルタモード~

ビルタモードには計2泊した。 ビルタモードはネパールを東西に横断するマヘンドラ・ハイウェイ沿いにあり、 インド国境とも近い交通の要所。 ネパール茶の産地イラムヘの起点となっている。 もっともビルタモード自体は、何の変哲もない小さな田舎町で、見所はそうない。 ビルタモードには1年半前にも来ており、 今回も素通りかな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とまどいの時を越えて~バドラプール・ビルタモード~

カトマンズ滞在3日目、重くなる前に腰をあげ、 東ネパールへ向けて出発した。 1年半前、インドから国境を越えてお茶の産地イラムを訪ねたことがある。 今回はその続きの旅をしたい。 まずはカトマンズから飛行機で東の端のバドラプールへ飛ぶことにした。 トリブヴァン国際空港の国内線ターミナルへ。 何度もここには来ているのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

難破船~カトマンズ~

旅行用語に“沈没”というもののがある。 一つの町に目的もなく長期間留まってしまうことだ。 僕にとってカトマンズは“沈没”するに最適の町だ。 なんせ2年間を過ごしている。 友人知人はそれこそ限りなくいる。 馴染みの店を回って思い出に浸るだけで、時間があっという間に過ぎていく。 何しろ1年半ぶりである。 ど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ナマステ~カトマンズ~

バンコクから空路、ネパールの首都カトマンズ、トリブヴァン国際空港に到着した。 1年半ぶりのネパール。 Namaste,Dherai din pachhi(久しぶり)!! ここまでできるだけタイ語で会話してきたが、気持ちをネパール語に切り替えねば。 久しぶりのネパールを味わうため、あえて空港からはバスで町に出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド旅行記~インド・ネパール旅行総括~

青年海外協力隊からの帰国後にネパールを訪ねるのは今回で3回目。前2回はいずれも飛行機でカトマンズへ入っていた。しかし、それは前回で最後にしようと思っていた。何しろ、ネパールは2年も暮らした地だ。空港に着いてから、最後にネパールを離れるまでの出来事は、大方予想ができる。いくらかトラブルにも合うだろうが、それだってほぼ想定内。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ONE~帰国~

1月3日(火)13:54、成田空港に到着した。 10日ぶりの日本…。 何だかんだであっという間だった。 帰ってきたばかりだが、明後日の5日(木)から8日(日)までは水泳部の合宿で千葉へ行く予定になっている。 ハードスケジュールだと思われるかもしれないが、 インド・ネパールのほうは好きでやっていることなので、まあ問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終着駅~ネパール出国~

1月2日(月)、今回の旅も最後の日を迎えた。 楽しい時はあっという間に過ぎていくもの。 幸い、出国の便は23時30分出発だったため、 最後の日も1日たっぷり過ごすことができた。 お土産を買わなければならない。 ネパール土産の定番は、パシュミナのショールとか、お茶っ葉などだろう。 もちろん今回も買った。 特にお茶は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まほろば~カトマンズ~

カトマンズ滞在はたった3日だったが、 それでもバクタプールとパタン(ラリトプール)にも足を伸ばした。 カトマンズ東の古都バクタプールには、日本語教師時代の同僚の実家がある。 同僚自身は日本におり、今は家族が住んでいる。 ここの家のダルバート・タルカリは絶品。 1年ぶりにごちそうになった。 ちなみに飼い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この街~カトマンズ~

1年ぶりのネパールの首都カトマンズ。 しかし、ダージリンに長居しすぎた結果、 カトマンズに滞在できたのはたった3日だった。 昨年は10日近く滞在したことを考えても、かなり短い。 期間が短いので、あまり知人には連絡を取らず、 主に昨年行けなかったところを中心に回ったが、 それでも充分とはいえなかった。 ネ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

THE LONGEST JOURNEY~カトマンズ到着~

12月31日(土)大晦日朝7:30、最後の目的地であるネパールの首都カトマンズに到着した。 バスはカトマンズの北にあるニュー・バスパークに着いた。 今回、ダージリンで知り合った韓国人女性2人も一緒のバスだったため、 3人でタクシーに乗りそこからカトマンズ1の繁華街タメルまで移動した。 おそらく僕ひとりだったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LONG ROAD~ジャパ~

ジャパのビルタモードには2泊した。 本当はこの後、ダランもしくはビラトナガルといった他の都市も訪ねたかったのだが、 ダージリンにいささか長居をしてしまったため、 12月30日(金)、ビルタモードから直接首都カトマンズに向かうことにした。 ビルタモードからカトマンズまではバスで14時間。 あまりに長い。 そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶摘み~イラム~

ジャパのビルタモードには2泊し、そこを拠点に、12月29日(木)イラムにまで足を伸ばした。イラムは、言わずと知れたイラム茶の産地である。紅茶の産地としてはインドのダージリンが有名だが、イラムは国境を挟んだネパール側にある。あくまで噂だが、ブランドとしては劣るイラム茶を安く仕入れて、ダージリン茶のラベルを貼って売っていたりすることもあるら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

国境の町~インド・ネパール国境越え~

思いのほかダージリンに長居をしてしまった。 12月28日(水)、次の目的地ネパールを目指した。 朝8:40発の乗り合いジープで、山を降りた。 11:30麓のシリグリに着き、 そこからは別のジープに乗り換え、ネパールに向かう。 12時に出たジープは約1時間後、インドのイミグレーション(写真下)に到着した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドへの道~インド・ネパール旅行~

毎年夏休みと冬休みには海外旅行に行っているが、 今年のクリスマスイブの今日12月24日(土)も成田空港に来ている。 今回の目的地はインドのデリーである。 もっともデリーには1泊するだけで、明日には飛行機を乗り継いで北東のバグドクラへ飛び、 ダージリンに立ち寄った後、 陸路でネパールへ入るという計画である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなもんだろう~ネパール土産ほか~

修学旅行で沖縄に行っていた2年生も19日(水)から学校に帰ってきて、ようやく日常が再開した。 さて、ネパールから帰ってきた翌日のことだったが、 猛烈な下痢に襲われた。 ちょうど水泳部の合宿で福島に向かうバスの中におり、 サービスエリアでの休憩のたびにトイレにかけこまねばならなかった。 その時僕が真っ先に疑ったのは“…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more